Maximaは「Mathematica」や「Maple」のような商用システムに匹敵するコンピュータ代数システムです。Lispで実装されています。「正確な小数」「任意精度の整数」「可変精度の浮動小数点数」を使用して、高精度の数値結果を算出します。算出結果は二次元と三次元でデータをプロットできます。

オープンソースのMaximaとは

Maximaは「Mathematica」や「Maple」のような商用システムに匹敵するコンピュータ代数システムです。Lispで実装されています。「正確な小数」「任意精度の整数」「可変精度の浮動小数点数」を使用して、高精度の数値結果を算出します。算出結果は二次元と三次元でデータをプロットできます。

「Maxima」基本情報

■概要

Maxima(マキシマ)とはコンピュータ代数システムです。

■基本説明

Maximaは「Mathematica」や「Maple」のような商用システムに匹敵するコンピュータ代数システムです。Lispで実装されています。

「正確な小数」「任意精度の整数」「可変精度の浮動小数点数」を使用して、高精度の数値結果を算出します。算出結果は二次元と三次元でデータをプロットできます。

Maximaは「ユーザーフレンドリーなフロントエンド」「オンラインマニュアル」「プロットコマンド」「数値ライブラリ」などで構成されています。

■主要開発元

MaximaはMaximaプロジェクトを中心として開発が進められています。

■経緯

・1982年:初版リリース

伝説的コンピュータ代数システム「Macsyma」の子孫

Maximaは、1960年代後半にマサチューセッツ工科大学で開発された伝説的なコンピュータ代数システム「Macsyma」の子孫です。

当時革命的であった「Macsyma」は、その後の「Mathematica」や「Maple」に大きな影響を与えています。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→sourceforge →maxima

ライセンス情報

Maximaのライセンスは「the GNU General Public License(GPL)」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Maxima

動作環境

Maximaのソースコードは「Windows」「Linux」「MacOS X」を含む多くのシステムでコンパイルできます。

ダウンロード

「Windows」および「Linux」用のプリコンパイル済みバイナリが提供されています。

→Maxima →Downloads

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「SageMath」など。

「Maxima」の主な特徴

■記号演算に特化

Maximaは「正確な整数と小数」「ネイティブの浮動小数点」「高精度のビッグフロート」で計算できます。

特に「代数」「三角法」「微積分」など、記号演算に特化した数学的計算機能を提供します。

サイズの有理数はマシンのメモリによってのみ制限されます。

主な計算機能

・微分
・積分
・テイラー級数
・ラプラス変換
・常微分方程式
・連立一次方程式
・多項式
・セット
・リスト
・ベクトル
・行列
・テンソル など

■機能拡張

Maximaは「ALGOLのような構文」かつ「Lispのような意味を持つ」プログラミング言語を含んでいます。

基礎となるLispを呼び出すことができるため、プログラム的にアクセスして拡張できます。

■Android版アプリ「Maxima on Android」

Android版アプリ「Maxima on Android」がリリースされており、Google Playからダウンロードして利用できます。

「Maxima on Android」は、Androidオペレーティングシステムへの移植版で、多くのオープンソースソフトウェアを組み合わせて構築されています。Dropboxサポート機能などが追加されています。

最新のMaximaソースコードは、非常に小さな変更でAndroid上で動作できます。

→Maxima on Android

→Google Play →Maxima on Android

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Maxima最新TOPICS

最新情報はありません。

Maxima最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter