Samba(サンバ)とは、Linux/UNIX用のWindows相互運用性プログラムスイートです。Linux/UNIXコンピュータをWindows互換の「ファイルサーバ」「プリントサーバ」「ドメインコントローラ」として利用できます。

オープンソースのドキュメント管理/Sambaとは

Samba(サンバ)とは、Linux/UNIX用のWindows相互運用性プログラムスイートです。Linux/UNIXコンピュータをWindows互換の「ファイルサーバ」「プリントサーバ」「ドメインコントローラ」として利用できます。

■関連する比較ページ

「Samba」基本情報

■概要

Samba(サンバ)とは、Linux/UNIX用のWindows相互運用性プログラムスイートです。Linux/UNIXコンピュータをWindows互換の「ファイルサーバ」「プリントサーバ」「ドメインコントローラ」として利用できます。

■基本説明

Sambaは「Windows互換ネットワーク機能」と「Windowsサーバ互換機能」を提供します。Windows端末がSambaサーバに接続すると、SambaサーバはWindowsサーバのようにサービスを提供します。

Sambaは「ファイルサーバ機能」と「プリントサーバ機能」を提供します。ドメインコントローラまたはドメインメンバとしてWindowsドメイン(Active Directory環境)とシームレスに統合できます。

また、Sambaは、Windowsファイルサーバに対するクライアント機能も有しているため、LinuxからWindowsサーバにアクセスすることも可能です。

Sambaはシステム管理者やネットワーク管理者に、Linux/UNIX系とWindows系を統合して利用するための選択自由度を提供します。

■動作環境

Sambaは多くのUNIXライクシステム上で動作します。
・Linux
・Solaris
・AIX
・macOS
・BSD系
・OpenVMS など

■経緯

・1992年 初回リリース

■ユースケース

Sambaは、ほぼすべてのLinuxディストリビューションに標準搭載されています。他のUNIXベースのオペレーティングシステムでも基本的なシステムサービスとして含まれています。

Sambaは、Linux/UNIX系とWindows系を併用している多くの環境で利用されています。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Samba(Samba - opening windows to a wider world)

ライセンス情報

Sambaのライセンスは「GNU General Public License Version3」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Samba →GPL on Samba.org

ダウンロード

→Samba →Download

Samba最新TOPICS

【OSS】「Samba 4.7.3/4.6.11/4.5.15」リリース---セキュリティリリース、アップグレードを強く推奨(2017年11月23日 20:03)

SambaTeamは、11月21日(現地時間)、 「Samba 4.7.3/4.6.11/4.5.15」をリリースした。 【Sambaとは】 https://www.ossnews.jp/oss_info/Samba 【ポイント】 ・セキュリティメンテナンスリリース ・コンテンツの不正操作が行われる恐れ ・アップグレードを強く推奨

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter