Samba(サンバ)とは、Linux/UNIX用のWindows相互運用性プログラムスイートです。Linux/UNIXコンピュータをWindows互換の「ファイルサーバ」「プリントサーバ」「ドメインコントローラ」として利用できます。

オープンソースのドキュメント管理/Sambaとは

Samba(サンバ)とは、Linux/UNIX用のWindows相互運用性プログラムスイートです。Linux/UNIXコンピュータをWindows互換の「ファイルサーバ」「プリントサーバ」「ドメインコントローラ」として利用できます。

■関連する比較ページ

「Samba」基本情報

■概要

Samba(サンバ)とは、Linux/UNIX用のWindows相互運用性プログラムスイートです。Linux/UNIXコンピュータをWindows互換の「ファイルサーバ」「プリントサーバ」「ドメインコントローラ」として利用できます。

■基本説明

Sambaは「Windows互換ネットワーク機能」と「Windowsサーバ互換機能」を提供します。Windows端末がSambaサーバに接続すると、SambaサーバはWindowsサーバのようにサービスを提供します。

Sambaは「ファイルサーバ機能」と「プリントサーバ機能」を提供します。ドメインコントローラまたはドメインメンバとしてWindowsドメイン(Active Directory環境)とシームレスに統合できます。

また、Sambaは、Windowsファイルサーバに対するクライアント機能も有しているため、LinuxからWindowsサーバにアクセスすることも可能です。

Sambaはシステム管理者やネットワーク管理者に、Linux/UNIX系とWindows系を統合して利用するための選択自由度を提供します。

■動作環境

Sambaは多くのUNIXライクシステム上で動作します。
・Linux
・Solaris
・AIX
・macOS
・BSD系
・OpenVMS など

■経緯

・1992年 初回リリース

■ユースケース

Sambaは、ほぼすべてのLinuxディストリビューションに標準搭載されています。他のUNIXベースのオペレーティングシステムでも基本的なシステムサービスとして含まれています。

Sambaは、Linux/UNIX系とWindows系を併用している多くの環境で利用されています。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Samba(Samba - opening windows to a wider world)

ライセンス情報

Sambaのライセンスは「GNU General Public License Version3」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Samba →GPL on Samba.org

ダウンロード

→Samba →Download

Samba最新TOPICS

【講演資料を公開!】8/26 テレワークでの、主要ツールの選択 (ビジネスチャットとオンラインストレージ)(2020年09月29日 13:00)

2020/08/26(水)10:00~11:00「テレワークでの、主要ツールの選択 (ビジネスチャットとオンラインストレージ)」と題したWebセミナーを開催しました。 当日は、ビジネスチャットの比較(Slack、Chatwork、LINE WORKS、・・・)について解説し、主催企業のサービスである「Chat45」のご紹介を行いました。 また、自宅PCで機密情報を扱うリスクと対策についても解説...

イベント情報

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

Microsoft Intune / Autopilotで解決するテレワーク時代のPC・スマホ管理 〜情シスご担当が押さえておくべき課題と対策~

脱・その場しのぎのテレワーク~今こそ考えるべき定着化を実現する仕組みとは~ 主要な仕組みのメリ/デメと共に考える、セキュリティ対策や可視化の重要性

テレワークにおける、Windowsリモートデスクトップの問題点

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter