GNU Scientific Library(GSL)(グヌーサイエンティフィックライブラリ)とは数値計算用ライブラリです。さまざまな科学技術用計算手法を実装しています。

オープンソースのGNU Scientific Libraryとは

GNU Scientific Library(GSL)(グヌーサイエンティフィックライブラリ)とは数値計算用ライブラリです。さまざまな科学技術用計算手法を実装しています。

「GNU Scientific Library(GSL)」基本情報

■概要

GNU Scientific Library(GSL)(グヌーサイエンティフィックライブラリ)とは数値計算用ライブラリです。さまざまな科学技術用計算手法を実装しています。

■基本説明

GNU Scientific Libraryは、ライブラリとして「乱数ジェネレータ」「特殊関数」「最小自乗フィッティング」などの幅広い数学的ルーチンを提供します。

また、「線形代数」「微積」「確率/統計」などの数多くの数学分野の計算手法も実装しています。

豊富なテストスイートには、合計で1000を超える機能があります。

GNU Scientific Libraryは、C言語で実装されています。APIを提供し、言語用ラッパーを利用することで他の高水準言語でも利用できます。

■経緯

・1996年、初版リリース

主な特徴

■オブジェクト指向設計

GNU Scientific Libraryは、オブジェクト指向設計を採用しています。

ライブラリはコンパイルが容易で、他のパッケージに依存しません。

プログラムを再コンパイルすることなく、異なるアルゴリズムを簡単にプラグインしたり、実行時に変更できます。

■提供する主な計算手法

GNU Scientific Libraryは、非常に多くの計算手法を提供しています。
・複素数
・順列
・直交
・準ランダムシーケンス
・統計
・N-タプル
・チェビシェフ近似
・離散ハンケル変換
・物理定数
・離散ウェーブレット変換
・多項式の根
・ベクトルと行列
・並べ替え
・線形代数
・高速フーリエ変換
・乱数
・ランダム分布
・ヒストグラム
・モンテカルロ統合
・微分方程式
・数値微分
・スパース行列と線形代数 など

■スレッドセーフ

ライブラリはスレッドセーフです。

■安定性/機能強化

GSLは安定したAPIを持つ成熟したライブラリです。既存関数の安定性を確保しつつ、バグ修正と十分なテストが行われています。

GNU Scientific Libraryプロジェクトでは、常に新しい機能を導入し、既存機能の拡張/改善を検討しています。安定性を維持するために、新しい機能はGSLの上に構築され、他のフリーソフトウェアプロジェクトと同様に、作者によって独自に維持されるパッケージとして推奨されます。

■言語ラッパー

主要な言語に対する言語ラッパーが用意されています。
・Java
・Perl
・LISP
・Fortran
・Python
・Ruby など

■サポートプラットフォーム

主要なプラットフォームをサポートしています。
・Linux
・Unix系OS
・Cygwin
・Windows など

■ドキュメント

詳細なオフィシャルドキュメントが提供されています。

→GNU →GNU Scientific Library →Docs

補足情報

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「FADBAD++」「Ipopt(Interior Point OPTimizer)」など。

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→GNU →GNU Scientific Library(GSL - GNU Scientific Library - GNU Project - Free Software Foundation)

ライセンス情報

GNU Scientific Libraryのライセンスは「GNU General Public License(GPL)」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GNU →ライセンス

ダウンロード

→GNU →GNU Scientific Library (→Downloading GSL)

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

GNU Scientific Library最新TOPICS

最新情報はありません。

GNU Scientific Library最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

機械学習導入にあたって理解したい4つのステップ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter