CentOS(セントオーエス)。商用Linuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」との完全互換を目指したオープンソースLinuxディストリビューションです。 

オープンソースのOS/CentOSとは

CentOS(セントオーエス)。商用Linuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」との完全互換を目指したオープンソースLinuxディストリビューションです。 

基本情報

概要

CentOS(セントオーエス)とは、商用Linuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」との完全互換を目指したオープンソースLinuxディストリビューションです。

Linuxディストリビューションとは、「Linuxカーネルとドライバやアプリケーションをパッケージして、利用者がインストールしたり、利用できる形にまとめ上げたもの」です。

CentOSという名前は、「Community Enterprise Operating System」(コミュニティベースで開発された、エンタープライズレベルのOS」)の略表記と言われています。

CentOSは、「Red Hat Enterprise Linux」の中のフリーライセンスで使えるパーツを組み合わせた形でリビルドされています。そのため、CentOSは、「Red Hat Enterprise Linux」とほぼ同等のアーキテクチャで構成されており、安定動作を実現できています。Linuxディストリビューションの代表格となっています。

Red Hat社はCentOSのサポート実施を行っていませんでしたが、2014年から、Red Hat社はCentOSプロジェクトに対して支援を始めました。

このCentOSをベースにしたLinuxディストリビューションも多数存在しており、CentOSの優秀性を裏付けています。

CentOSの概要

TOPに戻る

主な特徴

【コストメリット】
ライセンス費用がゼロであるため、導入コストを節減できます。

【高機能】
商用製品である「Red Hat Enterprise Linux」とほぼ同等の機能を持ち、さまざまな用途に対応できるサーバOSとして利用できます。

【安定性、可用性】
ハイクラスの品質を備えており、長期間運用に耐えうる安定性があります。

【アップデートが少ない】
CentOSはサーバでの長期間稼働を想定して、安定性を優先した設計思想になっています。最新技術を頻繁に取り込んでいくようなことがないため、他のOSやディストリビューションに比べて、アップデートの回数が少なめになっています。サーバOSにとって、アップデートのためにサーバを停止させる回数が少ないというのは、重要なポイントです。

【サポートするハードウェア(アーキテクチャ)】
最近のCentOSは、64ビット版x86系アーキテクチャのみサポートしています。

【サポート期間】
他のOSやディストリビューションに比べて、サポート期間が長めという点は、安心材料となります。

【開発コミュニティ】
CentOSプロジェクトによって、積極的にオープンな開発が行われています。

【デスクトップOSとして】
オフィススイート、マルチメディアツールなどのインストールをして環境設定をすることによって、デスクトップOSとして使用することもできます。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

商用製品:「Red Hat Enterprise Linux」、「AIX」、「HP-UX」など。

TOPに戻る

導入事例

個人・中小規模からエンタープライズ規模まで、さまざまなシステムのサーバOSとして幅広く使用されています。ホスティングサービスなどを行う大規模な企業システムでもCentOSが採用される導入事例が増加していて、CentOSのメンテナンスサポートを行うサービスベンダーも増加しています。

TOPに戻る

ライセンス情報

LICENCECentOSのライセンスは、GPL(GNU General Public License)ライセンスです。 このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

CentOS最新TOPICS

【講演資料を公開】4/17「実は高い?OSSのサポート費用を削減するために」(2018年05月17日 09:15)

2018年04月17日(火)15:00~17:00 株式会社スマートスタイル本社 マルチファンクションルーム にて「実は高い?OSSのサポート費用を削減するために」と題したセミナーを開催しました。 当日は、お足元が悪い中、掲題にご興味や課題をお持ちの方々がご来場くださいました。講演中は皆さま熱心にご公聴され、メモを執る姿が印象的でした。 今回の講演資料は下記の開催報告ページから取得可能...

無料資料プレゼント

機械学習導入にあたって理解したい4つのステップ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 勉強会
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter