Azure Bot Serviceとは、AzureのサーバレスBOTサービスです。テンプレートを使用して迅速なBOT開発を行えます。

Microsoft Azure/Azure Bot Serviceとは

Azure Bot Serviceとは、AzureのサーバレスBOTサービスです。テンプレートを使用して迅速なBOT開発を行えます。

概要

Azure Bot Serviceとは、AzureのサーバレスBOTサービスです。テンプレートを使用して迅速なBOT開発を行えます。

基本情報

プラットフォーム Azure
クラウドサービス名 Azure Bot Service
読み方 アジュール ボット サービス
略称 ---

基本説明

「Azure Bot Service」は、「Bot Framework」を「Azure Portal」上で利用できるようにしたサービスです。

BOT開発用統合環境で迅速なBOT開発が可能です。

「Azure Cognitive Services」との連携で、インテリジェンスなBOTを作成できます。

経緯

Microsoftは、2016年11月に、世界初のパブリッククラウド型BOTサービスとして「Azure Bot Service」をリリースしました。

TOPに戻る

主な特徴

BOTテンプレートによる高速開発

Azure Bot Serviceでは、4種類のテンプレートから選択してBOTの開発を行えます。テンプレートには基本的な機能が備わっているため、BOT開発を加速化できます。

テンプレート
・「基本」= ダイアログを使用してユーザ入力に応答するシンプルなBOT用
・「フォーム」=会話からユーザ要求情報を収集するBOT用
・「言語理解」=自然言語モデルを使用してユーザの意図を理解するBOT用
・「プロアクティブ」=ユーザにイベントなどのお知らせを行なうBOT用(Azure関数を使用)

インテリジェンス強化(Cognitive Services連携)

「Azure Cognitive Services」を連携させることで、BOTのインテリジェンスを強化でき、BOTが人間らしい振る舞いを行なうようにできます。

対応コミュニケーションサービス

各種コミュニケーションツールとの接続が可能です。
・Webサイト
・各種アプリ
・Office365メール
・Facebook Messenger
・Skype
・Slack
・Twilio など

開発ツール(言語)

「Azureエディタ(ブラウザ上)」や「Visual Studio」などで開発できます。

開発言語として「C#」または「Node.js」を使用できます。

動作チェック用の「チャットエミュレーター」も用意されています。

バージョン管理ツール連携

バージョン管理ツールとして「Visual Studio Team System」「GitHub」などを選択して利用できます。

コミットしたコードをAzureに自動デプロイできます。

サーバレス環境

BOTはサーバレス環境「Azure Functions」で実行され、必要に応じてオートスケールされます。

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

AWS「Amazon Lex」など

TOPに戻る

参考元サイト

・Azure →Azure Bot Service
・Microsoft →Bot Framework →Azure Bot Service Overview
・kokoni →Microsoft TeamsにAzure Bot Serviceで作成したBotを追加してみる
・吉田の備忘録 →Azure Bot Service – 業界初のクラウド型BOT as a Serviceがリリース
・BEACHSIDE BLOG →Azure Bot Service の概要

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Azure Bot Service最新TOPICS

最新情報はありません。

Azure Bot Service最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter