GanttProject(ガントプロジェクト)とは、プロジェクト管理ソフトウェアです。ガントチャートやPERTチャートを利用してプロジェクト進捗の管理を行えます。

オープンソースのプロジェクト管理/GanttProjectとは

GanttProject(ガントプロジェクト)とは、プロジェクト管理ソフトウェアです。ガントチャートやPERTチャートを利用してプロジェクト進捗の管理を行えます。

「GanttProject」基本情報

■概要

GanttProject(ガントプロジェクト)とは、プロジェクト管理ソフトウェアです。ガントチャートやPERTチャートを利用してプロジェクト進捗の管理を行えます。

■基本説明

GanttProjectは、ガントチャートを使用したプロジェクトの進捗管理が行えるソフトウェアです。

プロジェクトの進捗について「タスク」「時間」「リソース」などの複数の要素について統合的に管理できます。プロジェクト全体を見渡しながら、適切なスケジューリングを行えます。

「スケジュール管理」「タスク管理」「WBS(Work Breakdown Structure)管理」「リソース管理」「ガントチャート」「PERTチャート」「進捗管理」「工数管理」などのプロジェクト管理における基本機能を備えています。

予算管理などの高度な機能は含まれていませんが、基本機能に絞り込んであることにより、簡単に利用できます。

■動作環境

GanttProjectは、Java実装であるためマルチプラットフォームに対応しています。

Windows/Linux/Mac OS Xで利用できます。

■経緯

・2003年 初版リリース

主な機能

■ガントチャート機能

タスクとマイルストーン

「開始日」「期間」「優先度」「表示色」「テキストノート」などを設定できます。

タスクブレークダウン構造

作業内訳構造でタスクを整理できます。

1つまたは複数の他のタスクをグループ化するタスクを「サマリータスク(要約タスク)」と呼びます。サマリータスクの「開始日」「終了日」「継続時間」は、下位レベルタスクの日付から計算されます。

依存関係制約

「タスクAが終了したら、タスクBを開始する」のようなタスク間の依存関係制約を設定できます。

依存関係で結ばれているタスクの場合、一部のタスクのスケジュールを変更すると、後続のタスクが自動調整されます。

ベースライン比較

当初プロジェクトの状態をベースラインとして保存しておき、現状のプロジェクト状態との比較を行えます。

PERTチャート

ガントチャートからPERTチャートを生成できます。

PERT(Program Evaluation and Review Technique)とは、製品開発などの日程計画を作成する場合などに用いられる技法です。

タスク処理順序の関係をネットワークの形でアローダイアグラムによって表現し、プロジェクトの開始から終了に至るまでのクリティカルパスを明確にすることで、実行可能性を検討できます。

■外部連携機能

GanttProjectのプロジェクトファイルはXML形式で保存されます。

プロジェクトレポート出力

PDFおよびHTML形式で、プロジェクトレポートを出力できます。

CSV連携

CSV形式によるエクスポート/インポートをサポートしています。

Microsoft Project連携

Microsoft製プロジェクト管理ソフトウェア「Microsoft Project」形式でのインポート/エクスポートに対応しています。

■コラボレーション機能

WebDAVサーバを使用することで、プロジェクトの共同管理を行えます。

補足情報

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Redmine」など。

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→GanttProject(GanttProject: free desktop project management app)

ライセンス情報

GanttProjectのライセンスは「GNU General Public License v3.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →ganttproject/LICENSE

ダウンロード

→GanttProject →Download GanttProject

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

GanttProject最新TOPICS

最新情報はありません。

GanttProject最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

機械学習導入にあたって理解したい4つのステップ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter