Qt(キュート)。クロスプラットフォームアプリケーション開発フレームワークです。

オープンソースのフレームワーク/Qtとは

Qt(キュート)。クロスプラットフォームアプリケーション開発フレームワークです。

基本情報

概要

Qt(キュート)とは、クロスプラットフォームアプリケーション開発フレームワークです。

基本説明

Qtは、1つのソースコードをコンパイルし直すだけで、複数のプラットフォームで動作させることが可能となるクロスプラットフォーム開発環境です。C++言語で実装されています。

「クロスプラットフォーム対応」「開発ツール提供」「GUI/ネットワーク/データベースなどの機能提供」などの特徴があります。

構成

「オープンソース版」と「商用版」があります。

経緯

Qtは、主に、ディジア社の「Qtデベロップメントフレームワークス」によって開発されています。

「Qt」という名前は、「Q」という文字がEmacsのフォントの中で最も美しく見えたという理由とされています。「t」は「toolkit」の略語です。

TOPに戻る

主な特徴

クロスプラットフォーム開発環境

各種デスクトップOS(Windows、Linux、Mac OS Xなど)、各種モバイルOS(Android、iOS、Palm、Windows CE、組み込みLinux、MeeGo、Symbianなど)をサポートします。

Qtで開発されたアプリケーションは、ソースコードレベルでの互換性が保証されています。それぞれのプラットフォーム向けにビルドすることにより、すべてのプラットフォームで同じ機能を実現できます。

新しいプラットフォームへの対応は、数日/数週間という短期間でサポートされます。

ハイパフォーマンス

Qtは仮想マシンを必要としません。

それぞれのプラットフォーム上のプリミティブAPI実装されるため、高速動作するアプリケーションを開発できます。

多言語対応

Qtは、アプリケーションを多言語化する機能を備えています。

各種ツール/機能により、容易に多言語化が可能です。

使いやすいAPI

オブジェクトモデル実装APIは、洗練性/柔軟性に優れています。

モジュール

Qtでは、各種機能を提供するモジュールを組み合わせて開発を行います。

「アプリケーション開発用モジュール」「Qt開発ツール用モジュール」「Unix開発者向けモジュール」「Windows開発者向けモジュール」など、数多くのモジュールが用意されています。

メタオブジェクトコンパイラ

metaobjectコンパイラ「moc」は、Qtプログラムのソースコードを入力として実行されます。

メタ情報を生成し、ネイティブC++では利用できない機能を使用可能にします。

スクリプト変換

クロスプラットフォームツールキット「QtScript」で、インタプリタ型スクリプト言語を使うことにより、Qt/C++アプリケーションをスクリプトに変換できます。

各種プログラミング言語バインディング

Java/Ruby/Python/Perl/C#などの言語でQtアプリケーションの開発が可能です。

開発ツール

統合開発環境「Qt Creator」、GUIエディタ「Qt Designer」、翻訳支援ツール「Qt Linguist」、リファレンスドキュメントビューア「Qt Assistant」などの開発支援ツールが付属しています。

UI記述特化プログラミング言語「QML(Qt Meta-Object Language)」も利用できます。

Visual Studio/Eclipse用プラグインも用意されています。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Xamarin」「Electron」「Apache Cordova」「Titanium Mobile」など。

TOPに戻る

導入事例

「Google Earth」、「Skype」、仮想化ソフト「VirtualBox」、Linuxデスクトップ環境「KDE」、「モバイルWnn」など、多くのアプリケーション開発に採用されています。

商業アプリケーションでの採用例も多く、さまざまな分野で使用されています。

TOPに戻る

ライセンス情報

Qtのライセンスは、「LGPL」および「GPL」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Qt最新TOPICS

【OSS】クロスプラットフォームアプリケーションフレームワーク「Qt 5.10」リリース---組み込み向け機能強化、開発機能「Qt Quick」のプラグイン追加(2017年12月14日 11:03)

Qt開発チームは、12月7日、 クロスプラットフォームアプリケーションフレームワーク「Qt 5.10」を公開した。 【Qtとは】 https://www.ossnews.jp/oss_info/Qt 【5.10ポイント】 ・組み込み向け機能の強化 ・QStringViewクラスを追加 ・グラフィックAPI「Vulkan」のサポート強化 ・OpenSSLがバージョン1.1にア...

Qt最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter