Xamarin(ザマリン)とは、クロスプラットフォームアプリ開発環境です。C#でAndroid/iOS/Macアプリを開発できます。

オープンソースのフレームワーク/Xamarinとは

Xamarin(ザマリン)とは、クロスプラットフォームアプリ開発環境です。C#でAndroid/iOS/Macアプリを開発できます。

基本情報

概要

Xamarin(ザマリン)とは、クロスプラットフォームアプリ開発環境です。C#でAndroid/iOS/Macアプリを開発できます。

「クロスプラットフォーム開発」とは

普通の開発の場合、「iOSアプリはSwift/Obj-Cで実装する」「AndroidアプリはJavaで実装する」必要があります。1つのアプリを開発するために、それぞれの環境ごとに実装しなければいけませんでした。

クロスプラットフォーム開発環境「Xamarin」を使えば、iOSアプリもAndroidアプリもC#で実装できます。ビジネスロジック部分を共通化でき、効率的に開発できます。

基本説明

Xamarinはクロスプラットフォーム開発環境です。

「APIを100%移植」「ネイティブアプリ作成」「C#/.NET/Visual Studioを活用してアプリを作成できる」「コードを共通化できる」などの特徴があります。

経緯

「Xamarin」とは、社名であり開発環境名です。

2016年2月、XamarinはMicrosoftに買収され、Visual Studioに無償で同梱されることになりました。

TOPに戻る

主な特徴

各プラットフォーム用開発機能

Xamarinは各プラットフォーム用開発機能を提供しています。
・「Xamarin.Android」Androidアプリ開発機能
・「Xamarin.iOS」iOSアプリ開発機能
・「Xamarin.Mac」Macアプリ開発機能

「Visual Studio」と「Xamarin Studio」

Xamarinの開発は、Windows用統合開発環境「Visual Studio(Visual Studio Community)」、Mac用統合開発環境「Xamarin Studio」で行います。アプリ開発/ビルド/デバック/配布ができます。

iOSアプリを開発する場合は、ビルド/デバッグのためにMacが必要です。

OS最新版への対応が速い

他のクロスプラットフォーム開発環境とは異なり、XamarinはOSの最新版に対応するのが速いことが特徴の1つです。

C#でアプリを作成できる

Xamarinでは、C#で開発します。

C#の同期/非同期/LINQ/ラムダ式/メモリ管理などの高度な機能を使用して、スマートな開発を行えます。

Visual Studio/.NETでアプリを作成できる

Visual Studioエコシステム/.NETライブラリを使用できます。そのため、サードパーティ製ネイティブライブラリ/フレームワークを活用できます。

コードの共通化

Xamarinの開発では、ロジック部分(データベースアクセス、通信処理など)のコードを共通化できます。各プラットフォーム特有の部分については、それぞれコーディングが必要です。

画面の共通化「Xamarin.Forms」

Xamarinは、UIを共通化する「Xamarin.Forms」というライブラリを提供しています。

共通の画面定義体から各種プラットフォーム向け画面を生成します。画面定義体はXAML/C#のコードで記述します。それぞれのネイティブのUIにマップされます。

カスタムUIを重視する場合は「Xamarin Native」での開発も行えます。

ネイティブアプリを作成できる

「Xamarin.Android」で作成したアプリは、起動時にネイティブコードに変換するJITコンパイラを備えたART仮想マシンとMonoランタイム上で実行されます。ネイティブアプリと同じように動作します。

「Xamarin.iOS」で作成したiOSアプリは、.ipaファイルにパッケージングされます。ネイティブアプリと同じ速度で動作します。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Electron」「Apache Cordova」「Titanium Mobile」など。

TOPに戻る

導入事例

日本国内でも、モバイル環境を対象としたさまざまな領域で導入されています。

TOPに戻る

ライセンス情報

Xamarinのライセンスは、「MIT license」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Xamarin最新TOPICS

【OSS解説】「Xamarin for Visual Studio」でのアプリ開発の基本---「Xamarin.Forms」で「戻る」ボタンに対応する方法(2016年11月15日 16:03)

「Xamarin for Visual Studio」を使ったアプリ開発の基本を解説。 今回は、「Xamarin.Forms」で「戻る」ボタンに対応する方法を解説。 【Xamarinとは】 http://www.ossnews.jp/oss_info/Xamarin 【解説テーマ】 ・[戻る]ボタンに対応するには? ・[戻る]ボタンに対応する必要がある場合 ・まとめ (...

Xamarin最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter