Xamarin(ザマリン)とはクロスプラットフォームアプリ開発環境です。Xamarinを使用すると、iOSアプリもAndroidアプリもC#で実装できます。ビジネスロジック部分を共通化できるため、効率的な開発を行えます。

オープンソースのフレームワーク/Xamarinとは

Xamarin(ザマリン)とはクロスプラットフォームアプリ開発環境です。Xamarinを使用すると、iOSアプリもAndroidアプリもC#で実装できます。ビジネスロジック部分を共通化できるため、効率的な開発を行えます。

■関連する比較ページ

「Xamarin」基本情報

■概要

Xamarin(ザマリン)とは、クロスプラットフォームアプリ開発環境です。C#でAndroid/iOS/Macアプリを開発できます。

■「クロスプラットフォーム開発」とは

従来の開発手法の場合、「iOSアプリはSwiftで実装する」「AndroidアプリはJavaで実装する」などの必要があり、1つのアプリを開発するために、それぞれの環境ごとに実装しなければならない状況がありました。

クロスプラットフォーム開発環境「Xamarin」を使用すると、iOSアプリもAndroidアプリもC#で実装できます。ビジネスロジック部分を共通化できるため、効率的な開発を行えます。

■基本説明

Xamarinはクロスプラットフォーム開発環境です。

「ネイティブアプリ開発」「C#/.NET/Visual Studioを活用」「コード共通化」などの特徴があります。

■経緯

2016年2月、MicrosoftがXamarinを買収したことで、XamarinはVisual Studioにバンドルされることになりました。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Microsoft →Visual Studio →Visual Studio Tools for Xamarin

ライセンス情報

Xamarinのライセンスは「MITライセンス」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Microsoft →Visual Studio →Visual Studio Tools for Xamarin [→オープンソース]

ダウンロード

→Microsoft →Xamarin →Xamarin のインストール

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Qt」「Electron」「Apache Cordova」など。

Xamarin最新TOPICS

【OSS】クロスプラットフォームモバイルアプリ開発プラットフォーム「Xamarin」vs「React Native」優位性比較(2018年10月03日 14:40)

クロスプラットフォームモバイルアプリ開発プラットフォームである「Xamarin」と「React Native」のそれぞれの優位性について解説。 Xamarinとは Xamarinは、2011年5月にリリースされ、後にMicrosoftによって買収された。Forbesによると、既存の500社のうち20%以上が利用...

Xamarin最新CLOSEUPコラム

  • 勉強会
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter