Analytics Cloud Einsteinとは、Salesforceが提供する分析プラットフォームです。AI「Einstein」を取り入れた効率的な分析機能が特徴です。

Salesforce/Analytics Cloud Einsteinとは

Analytics Cloud Einsteinとは、Salesforceが提供する分析プラットフォームです。AI「Einstein」を取り入れた効率的な分析機能が特徴です。

概要

Analytics Cloud Einsteinとは、Salesforceが提供する分析プラットフォームです。AI「Einstein」を取り入れた効率的な分析機能が特徴です。

基本情報

プラットフォーム Salesforce
クラウドサービス名 Analytics Cloud Einstein
読み方 アナリティクス クラウド アインシュタイン
略称 ---

基本説明

Analytics Cloud Einsteinは、「今何が起きているのか?」「その理由は何か?」「次に起こることは何か?」「何をするべきなのか?」などの問いに対して、ユーザーをサポートすることを達成すべきミッションとしています。

TOPに戻る

主な特徴

AI「Einstein」

AI「Einstein」が導入されていることで、データ内部に隠れて存在するパターンを特定し将来を予測できます。

次なる問題点を発見し、優先順位を付けて効率的なアクションを提示します。

ダッシュボード

ダッシュボードやレポートで、リアルタイムにビジネス状況を把握できます。

管理者は、Salesforceクラウドサービスを通じて、あらゆるデータを安全に提供できます。

企業全体のデータを統合することにより、「各種データタイプ探索」「インサイト発見」などが行えるダッシュボードを作成できます。

データ検索と分析

ユーザーは、インタラクティブ操作が可能な使いやすい画面で、データ検索と分析を行えます。詳細なデータ探索で、より的確な意思決定を行えるようになります。

モバイル

モバイル端末でも、各種機能(測定、グループ化、条件検索、参照、共有など)を利用して、あらゆる分析が可能です。分析結果共有や、データに関するやり取りも可能です。

セキュリティ

「項目レベルのセキュリティ」と「ロールベース階層制御」により、データは安全に保護されます。

ユーザーは、自分が所有する権限に合わせた適切なデータを参照できます

分析プラットフォーム「Wave」

分析プラットフォーム「Wave」で、デバイスを問わず、迅速なビジネスの意思決定を行えます。

次のような特徴があります。
・動的視覚化エンジン
・高速な検索を行なえるクエリエンジン
・大規模な並列インフラストラクチャ
・100%の垂直統合 など

「Wave Analytics」アプリ

「Wave Analyticsアプリ」は、必要な情報に効率よくアクセスできるアナリティクスアプリケーションです。5分のセットアップで、すぐに利用を開始できます。

Intelligent Wave Apps

ビジネスプロセスに役立つパターンを明らかにし、「検討に値する重要事項」「その理由」「次のアクション」などについて情報を提供します。

Smart Data Discovery

数百万のデータの組み合わせから数分間でインサイトを抽出し、ユーザーにわかりやすく提示します。また、ビジネスプロセスのパターン予測も可能です。

Automated Storytelling

「ユーザーが次に知るべきインサイト」を自動検出し優先度を設定します。

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

IBM「IBM Watson Analytics」、Azure「Log Analytics」など

TOPに戻る

導入事例

オフィシャルサイトで導入事例が紹介されています。
→Salesforce →Salesforce お客様事例(データ分析)

TOPに戻る

参考元サイト

・Salesforce →Analytics Cloud Einstein
・Salesforce →ついに登場!Salesforce Einstein とは?Vol.5 AI(人工知能)が実現するマーケティングとアナリティクスの世界へようこそ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Analytics Cloud Einstein最新TOPICS

最新情報はありません。

Analytics Cloud Einstein最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter