Mattermost(マターモスト)とは、企業向けの高信頼メッセージングツールで、Slack風チャット型コミュニケーションツールとして利用できます。エンタープライズレベルで使用できるメッセージングプラットフォームとして、コンプライアンス対応を重視して設計されています。

オープンソースのMattermostとは

Mattermost(マターモスト)とは、企業向けの高信頼メッセージングツールで、Slack風チャット型コミュニケーションツールとして利用できます。エンタープライズレベルで使用できるメッセージングプラットフォームとして、コンプライアンス対応を重視して設計されています。

「Mattermost」基本情報

■概要

Mattermost(マターモスト)とは、企業向けの高信頼メッセージングツールです。コンプライアンスニーズに対応できるエンタープライズメッセージングが可能で、Slack風チャット型コミュニケーションツールとして利用できます。

■基本説明

Mattermostは、コラボレーションおよびメッセージングソリューションとして、自己ホスト可能なオンラインチャットサービスを提供します。

エンタープライズレベルで使用できるメッセージングプラットフォームとして、最も要求の厳しいプライバシー基準とセキュリティ基準を満たすために、コンプライアンス対応を重視して設計されています。

開発元はMattermostについて『規制上のセキュリティを意識した組織が、絶えず変化するコンプライアンスニーズを満たすことを支援するエンタープライズメッセージングワークスペース』としています。

■主要開発元

MattermostはMattermost社を中心として開発されています。

Mattermostは『セキュリティを重視する企業や開発者向けに、魅力的なオープンソースの信頼性の高いメッセージングツールを提供することで、エンタープライズコラボレーション市場を変革する』という目標を掲げ開発を進めています。

プロジェクトのロードマップは、Mattermost Inc.のスタッフおよび開発コミュニティ貢献者の両方を含む中核的なコミッターが決定します。

そのロードマップに従い、世界中の貢献者がMattermostの開発を支えています。

→Mattermost →We’re on a mission to connect the world to what matters most.

■経緯

・2015年:初版リリース

■「無償オープンソース版」と「有償エンタープライズ版」

Mattermostは、無償オープンソース版「Mattermost Team Edition」と、有償エンタープライズ版「Mattermost Enterprise Edition」の2種類が提供されています。

→Mattermost →Docs →Mattermost Overview →Product Overview →Mattermost Editions

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Mattermost(Open Source, Private Cloud Slack Alternative)

ライセンス情報

Mattermostのライセンスは「MITライセンスやApache License v2.0などの複合ライセンス」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Mattermost →Mattermost Licensing

動作環境

クライント用として各環境用ネイティブアプリが提供されています。

・Windows
・Mac
・Linux
・iOS
・Android

ダウンロード

→Mattermost →Download

導入事例

→Mattermost →Success Stories

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Rocket.Chat」など。

Mattermost最新TOPICS

最新情報はありません。

Mattermost最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter