Kong(コング)とは、APIアグリゲータ(APIゲートウェイ)ソリューションです。統合的なAPI管理機能を提供します。

オープンソースのAPI連携/Kongとは

Kong(コング)とは、APIアグリゲータ(APIゲートウェイ)ソリューションです。統合的なAPI管理機能を提供します。

概要

Kong(コング)とは、APIアグリゲータ(APIゲートウェイ)ソリューションです。統合的なAPI管理機能を提供します。

「APIアグリゲータ」とは

「APIアグリゲータ」とは、マイクロサービスとしてAPIサーバを実装する場合にサポートする仕組みです。

「認証機能」「ログ出力」「セキュリティ対策」などについて統合的にサポートします。

基本説明

Kongは、「クラウドネイティブ」「高速処理」「スケーラブル」「分散型」などの特徴を持つ人気の高いオープンソースのマイクロサービスAPIゲートウェイプラットフォームです。すべてのマイクロサービスとAPIを高性能で柔軟なAPIプラットフォームに接続します。

API実行サーバ(オンプレミス/クラウド)のゲートウェイとして、受け付けたWebアクセスを他ホストに転送する「高機能API用リバースプロキシ」のように動作し、複数のマイクロサービスを統合します。すべてのサービスをKongプラットフォームに接続することで、最新のマイクロサービスおよびコンテナ設計パターンを活用できるAPIの構築と最適化をサポートします。

KongはAPIゲートウェイに求められる機能として、「ロードバランシング機能」「ロギング機能」「認証機能」「トラフィック制御機能」「変換機能」「高度なセキュリティ機能」などを提供します。「クラスタリング機能」も標準搭載しており、必要に応じて処理能力と可用性を高めることができるため、高いサービスレベルのAPI実行環境を構築できます。

経緯

Kongは、2015年にオープンソースプロジェクトとしてスタートしました。

ユースケース

・CI/CD/DevOpsの自動化およびオーケストレーション---効率的なカスタムワークフロー生成
・新しいエコシステムを活用---Kubernetesやコンテナなどを追加したままでKongを展開 など

導入事例

Kongは、「IBM」「Intel」「OpenDNS」「The Guardian」「The New York Times」など、多くのグローバル企業で採用されています。

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→Kong(Next-Generation API platform for Microservices)

■ライセンス情報

Kongのライセンスは「Apache License Version 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Kong →License

■ダウンロード

Kongバイナリは「主要Linuxディストリビューション向けパッケージ(RPM/APT)」や「Dockerイメージ」で提供されています。

→Kong →Install Kong

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「WSO2 API Manager」など。

Kong最新TOPICS

【OSS】マイクロサービスAPIゲートウェイ「Kong」紹介---マイクロサービスアーキテクチャの構築(2018年10月26日 13:10)

マイクロサービスAPIゲートウェイ「Kong」について紹介。 Kong APIゲートウェイとは Kong APIゲートウェイは、「コンピューティングクライアント」と「APIベースのアプリケーション」の間のミドルウェアとして機能する。

Kong最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter