GlusterFS(グラスターエフエス)とは、分散ストレージ(ネットワークファイルシステム)です。一般的な既製ストレージハードウェアを利用してストレージシステムを構築できます。

オープンソースの仮想化ソフト/GlusterFSとは

GlusterFS(グラスターエフエス)とは、分散ストレージ(ネットワークファイルシステム)です。一般的な既製ストレージハードウェアを利用してストレージシステムを構築できます。

「GlusterFS」基本情報

■概要

GlusterFS(グラスターエフエス)とは、分散ストレージ(ネットワークファイルシステム)です。一般的な既製ストレージハードウェアを利用してストレージシステムを構築できます。

■基本説明

GlusterFSは、ソフトウェア定義によるスケーラブルな分散ストレージファイルシステムです。

ファイルストレージ用インターフェースを提供し、数ペタバイトまでの拡張を行えます。

「専用ストレージハードウェアは不要」「シンプル設計」「簡易な設定で導入できる」などの特徴があります。

■経緯

GlusterFSは、Gluster社によって開発されましたが、2011年からRedHat社によって開発が続けられています。

主な特徴

■分散ストレージ

概要

GlusterFSでは、中央集権的制御を行うメタデータサーバは必要なく、複数ノードがお互いに信頼関係を結ぶことにより、ストレージボリュームを構成します。

GlusterFS用ディレクトリ「ブリック」による論理ボリューム作成

GlusterFSは、複数サーバ上にあるローカルストレージ上のファイルシステムに、GlusterFS用ディレクトリ「ブリック」を作成します。

ブリックはGlusterFSのボリュームを構成する基本単位で、複数のブリックを統合することで論理的なボリュームを作成し、1つの大きなストレージとして利用します。

既存ハードウェアを活用

GlusterFSでは、一般的な既成のサーバマシンを束ねて利用できるため、専用のストレージハードウェアを必要としません。

各ストレージは動的に追加/変更/削除を行えます。

■ボリューム構成

GlusterFSでは、さまざまなボリューム構成を行えるため、目的の用途に合わせて柔軟に構成できます。
・ストライピング
・ミラーリング
・冗長データ使用による対障害性の向上
・ボリューム構成の組み合わせ など

■並列ファイルシステム

概要

GlusterFSは並列ファイルシステムになっています。

そのため、大量のファイルを含む単一の名前空間で複数ノードへのスケールアウトが可能です。

非構造化ファイルデータ向き

GlusterFSの並列ファイルシステムは「大量に保持される非構造化ファイルデータ」に最も適しています。

そのため、1つの大きなファイルを取り扱うよりも、大量の小さなデータを処理することを得意としています。

主な機能

■自動フェイルオーバー機能

ストレージに問題が発生した場合には自動フェイルオーバーが可能です。

■レプリケーション機能「Geo-Replication」

「Geo-Replication」により、マスタ/スレーブ形式で遠隔地のボリュームに対して非同期でボリュームの内容を複製できます。

ユースケース

GlusterFSはデータ集約型タスクなどに活用できます。
・クラウドストレージ
・バックアップ用ストレージ
・デジタルコンテンツ用メディアストリーミング など

補足情報

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Ceph」「Apache Cassandra」「Pravega」など。

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→Gluster

ライセンス情報

GlusterFSのライセンスは「GPLV2 and LGPLV3+」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →gluster/glusterfs →License

ダウンロード/インストール

→Gluster →Install Gluster

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

GlusterFS最新TOPICS

最新情報はありません。

GlusterFS最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

機械学習導入にあたって理解したい4つのステップ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter