Pylearn2(パイラーンツー)とは、数値計算ライブラリ「Theano」ベースのオープンソースディープラーニングライブラリです。

オープンソースのAI・人工知能/Pylearn2とは

Pylearn2(パイラーンツー)とは、数値計算ライブラリ「Theano」ベースのオープンソースディープラーニングライブラリです。

基本情報

概要

Pylearn2(パイラーンツー)とは、数値計算ライブラリ「Theano」ベースのオープンソースディープラーニングライブラリです。

基本説明

Pylearn2は、画像認識処理などを得意とするディープラーニングライブラリです。自動微分が優れているのが特徴です。

ディープラーニング技術の研究用ライブラリとしての一面もあります。

経緯

カナダのモントリオール大学が中心となり開発されています。

「Theano」ベース

Pylearn2は、大部分の機能を数値計算ライブラリ「Theano」を基盤として構築され、改良が加えられたライブラリです。

Pylearn2を使用するためには、「Theano」と「Theanoの依存関係」が必要です。そのため、機能的には「Theano」と似ています。

TOPに戻る

「Theano」とは

概要

Theano(テアノ)とは、Python用数値計算ライブラリです。多次元配列を効率的に使用する数式について定義/最適化/評価でき、ディープラーニング計算処理によく利用されます。

解説テーマ

概要
 ・基本説明
 ・経緯
主な特徴
 ・実行時の最適化コンパイル(C++コード生成)
 ・コンパイラ
 ・GPUサポートによる高速化
 ・高速性
 ・解析的微分サポート
 ・ディープラーニング対応関数
 ・テスト(自己検証)機能

ページリンク

→OSS×Cloud News →オープンソースのAI・人工知能/Theanoとは

TOPに戻る

主な特徴

プラグイン

Pylearn2の最も大きな特徴は、プラグインによる「柔軟性」にあります。「研究者が行いたい研究をすべて可能にする」ことを目的に設計されています。

Pylearn2プラグイン(新しいタイプのモデル/アルゴリズムなど)について、数式を使って作成できます。ベースとなっている「Theano」がそれらの数式を最適化して安定させ、選択したバックエンド(CPUまたはGPU)向けにコンパイルを行います。

GPU対応

オプションを設定するだけで、GPU用計算コードを生成できます。

GPU畳み込みネットワークライブラリのラッパー

Pylearn2は、極めて効率的な「GPU畳み込みネットワークライブラリラッパー」を提供します。このラッパーにより、最小限のオーバーヘッドでTheanoの各種機能を使用できます。

YAML形式

Pylearn2のベーシックな利用方法は、YAML形式で記述して実行させる方法です。

YAML(YAML Ain't Markup Language)とは、構造化データを表現するためのフォーマットです。

データセット、アルゴリズム、レイヤー構造、テスト方法などを記述します。

TOPに戻る

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Theano」「Caffe」「Chainer​」など。

TOPに戻る

ライセンス情報

Pylearn2のライセンスは「3-Claused BSDライセンス」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。
→GitHub →lisa-lab →pylearn2 →LICENSE.txt

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

参考元サイト

・Pylearn2 dev documentation →Welcome
・CodeZine →Pythonディープラーニングライブラリのツートップ「Pylearn2」「Caffe」とは~PyData Tokyo Meetup #1イベントレポート →セッション「PyLearn2解説」
・侍エンジニア塾 →Pythonでよく使われているおすすめの機械学習ライブラリ厳選8選
・GitHub →lisa-lab →pylearn2

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Pylearn2最新TOPICS

最新情報はありません。

Pylearn2最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)

OSS×Cloud ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter