core Flight System(cFS)(コアフライトシステム)とは、NASAが開発したフライトソフトウェア開発用フレームワークです。

オープンソースのフレームワーク/core Flight Systemとは

core Flight System(cFS)(コアフライトシステム)とは、NASAが開発したフライトソフトウェア開発用フレームワークです。

「core Flight System」基本情報

■概要

core Flight System(cFS)(コアフライトシステム)とは、NASAが開発したフライトソフトウェア開発用フレームワークです。

■基本説明

core Flight Systemはマルチプラットフォームの高度なフライトソフトウェアを開発するためのソフトウェアスイートです。

NASAの現場で培われた高度な機能を利用して、再利用可能性が高い高品質なフライトソフトウェアを開発できます。

■経緯

core Flight Systemは、NASAのゴダード宇宙飛行センターで長年にわたって成功したミッションの豊富な遺産に基づいて開発されました。

そのコンポーネントは段階的に開発され、core Flight Systemソフトウェアスイート全体は、2015年1月にオープンソースとしてリリースされました。

■ユースケース

core Flight Systemは飛行制御などの用途に利用できます。
・宇宙飛行任務用ソフトウェア
・無人航空機(ドローン)制御ソフトウェア
・組み込みシミュレータ など

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→coreflightsystem.org

ライセンス情報

core Flight Systemのライセンスは「NASA OPEN SOURCE AGREEMENT」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→NASA →Open Source Software Agreement

ダウンロード

→NASA →core Flight System [→cFS Download Links]

導入事例

core Flight Systemのプラットフォーム抽象化層を含むコアフライトエグゼクティブ(cFE)は、2009年に打ち上げられた月偵察オービターで最初に使用されました。

core Flight Systemの初期スイートは、グローバル降水量測定宇宙船で最初に使用されています。

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Dronecode」など。

「core Flight System」の主な特徴

■階層化アーキテクチャ

core Flight Systemフレームワークは、ハードウェアおよびオペレーティングシステムに依存しないアプリケーションランタイム環境を提供する2層の階層化アーキテクチャを定義しています。

プラットフォーム抽象化層

プラットフォーム抽象化層には「オペレーティングシステム抽象化層」と「プラットフォームサポートパッケージ」が含まれています。

これらはcFEを異なるプロセッサ/OSの組み合わせに移植することを可能にするAPIを定義します。

この抽象化層により、同じアプリケーションコードを異なるプラットフォームで実行するように再構築できます。

cFE(core Flight Executive)層

cFEは、APIとアプリケーションランタイム環境を介してアプリケーションにサービスを提供します。

■開発プロセスの簡素化

cFSアーキテクチャは、基盤となるインフラストラクチャを提供し、プロジェクト/ミッション固有のアプリケーションを開発するためのランタイム環境をホストすることで、フライトソフトウェア開発プロセスを簡素化します。

■柔軟性

core Flight Systemは、コンパイル時と実行時の設定パラメータを使用することで、さまざまな広範囲のミッション要件を満たすように調整できます。

■高品質コードベース

NASAが提供するオープンソースのcFSフレームワークは、数百万ドルから数十億ドル規模の宇宙関連ミッションで使用されているものと同じフライトソフトウェアのコードベースであるため、非常に信頼性が高く安定したコードベースです。

NASAのすべてのフレームワークとアプリケーションコードには「要件」「設計文書」「単体テスト」「機能テスト」などが付属しています。

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

core Flight System最新TOPICS

最新情報はありません。

core Flight System最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ソフトウェア開発におけるアジャイル基盤の構築 (バージョン管理システムやテスト自動化ツールとの連携の必要性)

VB6.0からVB.NETへ、90%以上を自動変換

「人の移動が制限された新しい生活様式」時代におけるオフショア活用の利点 〜オフショア活用企業が感じた進化の実感とは〜

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter