Prometheus(プロメテウス)とは、オープンソースのサービス監視ツールです。時系列メトリクス監視に特化しており、Pull型監視を行います。

オープンソースの運用管理・運用自動化/Prometheusとは

Prometheus(プロメテウス)とは、オープンソースのサービス監視ツールです。時系列メトリクス監視に特化しており、Pull型監視を行います。

「Prometheus」基本情報

概要

Prometheus(プロメテウス)とは、オープンソースのサービス監視ツールです。時系列メトリクス監視に特化しており、Pull型監視を行います。

基本説明

Prometheusは、時系列データの記録に特化しているPull型監視ツールです。

「クラウドへの適合性」「単バイナリで動作するシンプル性」「実装レベルの高さ」などの特徴を持ち、注目を集める監視ツールです。

Go言語で開発されています。

経緯

Prometheusは、Googleの社内監視システム「Borgmon」の思想をベースとして開発されました。

2012年、SoundCloud社によって開発が開始されています。

2016年、「Cloud Native Computing Foundation」に参加しました。

TOPに戻る

主な特徴

Prometheusの基本機能

Prometheusの主な機能として、「データ収集」「数値表示」「グラフ表示」「アラート」などがあります。

監視機能

Prometheusは、「Kubernetesで構築されたDockerホスト群」や「Amazon EC2などのオートスケールホスト」などの監視を得意としています。

また、「オンプレミスサーバ」や「古典的なネットワーク機器」の監視も可能です。

Prometheusは、多次元データモデル(メトリック名とキー/値のペアで識別される時系列)として監視データを扱います。

また、「メトリック監視が目的であるため、データの欠損はありうる」と公式に記載されています。

Pull型監視

PrometheusはPull型監視を行います。

監視対象状態をPull型で取得できることにより、シンプルな監視構成を構築できます。

高性能

Prometheusは、数千のサーバを監視できる能力を持ちます。

「PromCon 2016」の資料において、「サーバ1万台+スイッチ500台」の超大規模ネットワーク監視にPrometheusを使用した事例が紹介されています。

監視対象探索機能「Service Discovery」

「Service Discovery」機能を利用すると、「サービス検出」または「静的構成」を介して監視ターゲットの自動検出を行えます。

監視エージェント「Exporter」

監視対象サーバには「Exporter」というバイナリをdaemonとして動かすだけで、監視を行えます。

GUI

ブラウザからアクセスできるGUIが用意されています。

ビジュアライズ機能

Prometheusは、独自のデータモデルを持ち、クエリ言語を使用して、時系列データの評価/グラフ化を行えます。

グラフ化機能「Exporession Browser」や「Grafana」を利用することで、高度なグラフ化が可能です。

スタンドアローンバイナリ動作

Prometheusは、単純なスタンドアローンツールとして単バイナリで動作します。

信頼性重視のため、分散監視などの可用性は考慮されていません。

主なユースケース
  • 複数サーバの「Load Average」値を5秒単位で取得
  • それぞれのサーバにおいて過去1分間の平均値を算出
  • HTTP応答コード別の集計
  • ネットワークトラフィックに対するパーセンタイル値計算
  • 障害発生時のトラブルシューティング など

TOPに戻る

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Zabbix」「Hinemos」「Pandora FMS」など。

TOPに戻る

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→Prometheus(From metrics to insight)

ライセンス情報

Prometheusのライセンスは「Apache 2 License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →prometheus →LICENSE

ダウンロード

→Prometheus →DOWNLOAD

TOPに戻る

参考元サイト

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Prometheus最新TOPICS

最新情報はありません。

Prometheus最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter