Grafana(グラファナ)とは、データダッシュボードソフトウェアです。さまざまなデータソースにアクセスするシステムダッシュボードで、リッチなグラフ描画で状態を把握できます。

オープンソースの運用管理・運用自動化/Grafanaとは

Grafana(グラファナ)とは、データダッシュボードソフトウェアです。さまざまなデータソースにアクセスするシステムダッシュボードで、リッチなグラフ描画で状態を把握できます。

「Grafana」基本情報

■概要

Grafana(グラファナ)とは、データダッシュボードソフトウェアです。さまざまなデータソースにアクセスするシステムダッシュボードで、リッチなグラフ描画で状態を把握できます。

基本説明

Grafanaは、インフラ/アプリケーションの分析データなどについて、時系列データとして可視化するためのダッシュボードツールです。

さまざまなデータソースのメトリックを照会/視覚化することで、一目見ただけでステータスが分かるダッシュボードを作成できます。ダッシュボードを共有してチームでの監視も行えます。

他のダッシュボードソフトウェアと比較した場合、Grafanaの機能はシンプルですが、「簡単にインストール」「簡単にデータソース設定」が可能で、「すぐに使いこなせる」というメリットがあります。

TOPに戻る

■主な特徴

ダイナミックダッシュボード(視覚化機能)

Grafanaは、テンプレートを利用して、動的で再利用可能なダッシュボードを作成できます。ダッシュボードは複数作成でき、JSONやCSVでのデータエクスポートも行えます。

メトリックとログを視覚化するためのさまざまな視覚化オプション(パネルプラグイン)を使用して、「ヒートマップ」「ヒストグラム」「グリッド表現」などを行い、データを美しく理解できます。

グラフへの注釈付けが可能で、イベントの上にカーソルを置くと、対象イベントのメタデータとタグが表示されます。

ダイナミックダッシュボード(混合データソース表示)

ダッシュボード内の1つのグラフの中に、複数のデータソースを混在させることが可能です。クエリごとにデータソースを指定し、データをまとめて表示できます。

ダイナミックダッシュボード(アドホックフィルタ機能)

アドホックフィルタを使用すると、即座に「キー/バリューフィルタ」を作成できます。このフィルタは、そのデータソースを使用するすべてのクエリに自動的に適用されます。

データソース

Grafanaは、数十のデータソースをネイティブサポートしています。

Grafanaに同梱されているプラ​​グインの他に、プラグインリポジトリ経由で多くのデータソースプラグインが提供されています。

サポートしているデータソースとして、次のようなものがあります。
・Graphite
・InfluxDB
・Prometheus
・Elasticsearch
・AWS Cloudwatch
・Zabbix など

アラート機能

アラート設定を行い、メールやSlackなどに通知できます。

TOPに戻る

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Kibana」「Metabase」など。

TOPに戻る

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→Grafana(The open platform for beautiful analytics and monitoring)

ライセンス情報

Grafanaのライセンスは「Apache License 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →grafana/LICENSE.md

ダウンロード

→Grafana →Download Grafana

導入事例

→Grafana →Testimonials

TOPに戻る

 

参考元サイト

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Grafana最新TOPICS

最新情報はありません。

Grafana最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

第2回「多要素認証の種類と方法」

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter