Amazon CloudWatchとは、「AWSクラウドリソース」と「AWS上で実行されるアプリケーション」のモニタリングサービスです。アラーム設定による自動対応も可能です。

Amazon Web Services/Amazon CloudWatchとは

Amazon CloudWatchとは、「AWSクラウドリソース」と「AWS上で実行されるアプリケーション」のモニタリングサービスです。アラーム設定による自動対応も可能です。

概要

Amazon CloudWatchとは、「AWSクラウドリソース」と「AWS上で実行されるアプリケーション」のモニタリングサービスです。アラーム設定による自動対応も可能です。

基本情報

プラットフォーム AWS
クラウドサービス名 Amazon CloudWatch
読み方 アマゾン クラウドウォッチ
略称 ---

基本説明

Amazon CloudWatchにより、信頼性/拡張性/柔軟性があるモニタリングソリューションを数分で使用開始できます。

独自にモニタリングツールのセットアップ/管理などの必要はありません。

TOPに戻る

主な特徴

モニタリング機能

Amazon CloudWatchは、さまざまなモニタリングが可能です。

モニタリング対象
・AWS リソース(EC2インスタンス、Amazon RDS DBインスタンス など)
・アプリケーションが生成するあらゆるログファイル
・アプリケーション/サービスにより生成されたカスタムメトリックス

モニタリング対象(メトリックス)
・システム全体のリソース使用率
・アプリケーションパフォーマンス
・オペレーション状態
・CPU使用率
・メモリ使用率
・待ち時間
・リクエスト数
・トランザクション量
・エラーレート など

ログ管理「CloudWatch Logs」

ログ監視サービス「CloudWatch Logs」を使用して、「EC2インスタンスのOSログ」や「アプリケーションログ」などを収集して、リアルタイムでのモニタリングを行えます。

既存システムのログを「CloudWatch Logs」に送信することで、クラウド/オンプレミスの両方のログを統合的に管理できます。

主な機能
・ログ蓄積(保存期間を設定可能)
・特定文字のフィルタリング
・フィルタパターンによる抽出
・グラフ化
・アラート設定
・AWSサービス連携(S3へのバッチエクスポート、リアルタイムLamda連携) など

分析機能

CloudWatchには、ダッシュボード機能が用意されており、最新統計から「グラフ表示」「傾向の把握」などを行えます。

アラーム設定

メトリックスなどに対してアラームを設定して、「通知送信」や「自動アクション実行」などを行えます。

自動アクション

「CloudWatch Events」でワークフローを設定しておくことにより、特定のトリガーに対する自動実行が可能です。

自動実行例
・あるメトリックスがしきい値を超えた場合にオートスケーリング
・使用率が低い「Amazon EC2 インスタンス」を自動シャットダウン など

アクセス

Amazon CloudWatchは、以下の方法でアクセスできます。
・API
・コマンドラインインターフェイス
・AWS SDK
・AWSマネジメントコンソール

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

Azure「Log Analytics」、Google Cloud Platform「Stackdriver Monitoring」など

TOPに戻る

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト
→AWS →Amazon CloudWatch

料金情報
→AWS →Amazon CloudWatch →料金

TOPに戻る

参考元サイト

・AWS →Amazon CloudWatch →製品の詳細
・AWS →Amazon CloudWatch →よくある質問
・CloudTriage →Amazon CloudWatchとは:これからAWS監視を始める人へ
・WPJ →Zabbixよりも超カンタン!AWSの監視ならCloudWatchが便利すぎる
・SITUS MANAGEMENT →nagiosからAmazon CloudWatchに切り替えができるのか

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Amazon CloudWatch最新TOPICS

アマゾン ウェブ サービスで Microsoft アプリケーションを更新する(2017年09月27日 10:15)

オープンソース活用研究所は、「アマゾン ウェブ サービスで Microsoft アプリケーションを更新する」と題した資料を無料プレゼントフォームに掲載しています。 このホワイトペーパーでは、アマゾン ウェブ サービス (AWS)プラットフォームでアプリケーションを更新する利点と、その作業を開始する方法を解説しています。 ご興味のある方は、是非ご覧ください。

Amazon CloudWatch最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter