NetBeans(ネットビーンズ)。オープンソースの統合開発環境(IDE)です。Oracleを中心としたコミュニティにより開発されているため、Java最新版にいち早く対応できる利点があります。

オープンソースのNetBeansとは

NetBeans(ネットビーンズ)。オープンソースの統合開発環境(IDE)です。Oracleを中心としたコミュニティにより開発されているため、Java最新版にいち早く対応できる利点があります。

基本情報

概要

NetBeans(ネットビーンズ)とは、オープンソースの統合開発環境(IDE)です。Oracleを中心としたコミュニティにより開発されているため、Java最新版にいち早く対応できる利点があります。

基本説明

ほぼ100%Javaで実装されている統合開発環境です。デスクトップ/モバイル/Webアプリケーションを開発できます。

NetBeansとよく比較される同様なJava統合開発環境として「Eclipse」があります。Eclipseはすでに広く使われており、シェア/多機能性/プラグインボリュームなどにおいてEclipseに一日の長があります。

経緯

1997年、最初のプレリリースが行われました。
1999年、「NetBeans」の名で初めてリリースされました。
オープンソースとして、NetBeans.orgが開発を引き継いでいます。

TOPに戻る

主な特徴

対応言語

Java/JavaScript/PHP/C言語/C++/Ruby/Python/Groovyなどのプログラミング言語に対応しています。

対応OS

Javaで実装されているため、Java VMが稼働するOS上で動作します。

モジュール/プラグイン

標準で多くの機能が搭載されており、プラグインマネージャにより機能追加できます。

軽快性

旧バージョンでは動作性能に問題があるとされていましたが、バージョン4.0以降、JavaVMの大幅な高速化により、ネイティブ環境との速度差はほぼないとされています。

最新Javaへの対応が早い

Javaを開発しているOracleが開発に参加しているため、Java最新版にいち早く対応できる利点があります。

プロジェクト管理機能

NetBeansでは、アプリケーションごとに個別のプロジェクトを作成して開発します。ウィザード形式で簡単に雛形を作成でき、ライブラリ依存関係解決もプロジェクト管理機能により簡単に対応できます。

ビルドツール(Apache Ant/Apache Maven)が統合されているため、コンパイル→ビルド→実行までのプロセスをワンクリックで行えます。

多言語対応

デフォルトで多言語対応しています。

高機能エディタ(コード支援機能)

キーワードハイライト/入力候補表示/自動補完/ブロック単位折り畳み/雛形生成/ヒント表示/キーボードショートカット/ジャンプ機能などのコーディングサポート機能を利用できます。

ビジュアルエディタ

高機能なビジュアルGUIエディタ「Matisse」を備えています。GUI部品を視覚的に配置してデザインでき、リアルタイムにコードに反映されます。

リファクタリング機能

クラス名/メソッド名/変数名などの一括変更が可能です。

バージョン管理システム

バージョン管理システム「CVS」「Subversion」「Mercury」をサポートしています。また「Git」などの他のバージョン管理システムにもプラグインにより対応できます。

デバッグ機能

デバッグ機能が統合されており、実行テスト時のブレークポイント設定/変数視覚化などが可能です。

ユニットテスト

単体テストツール「JUnit」「PHPUnit」などがサポートされています。デバッグのみではなく、コード品質向上にも役立ちます。

パッケージインストール

アプリケーショサーバなども一緒にパッケージされたインストーラーが用意されており、一括でインストールできます。

TOPに戻る

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Eclipse」など。

TOPに戻る

ライセンス情報

NetBeansのライセンスは「Common Development and Distribution License」「GNU General Public License v2」のデュアルライセンスです。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

NetBeans最新TOPICS

【OSS】統合開発環境「NetBeans IDE」が「Apache Incubator」プロジェクトに---Apache財団の正式なオープンソースプロジェクトになることを目指す(2017年09月15日 11:03)

統合開発環境「NetBeans IDE」が「Apache Software Foundation」に寄贈され、9月11日(日本時間)に、GitHubでミラーリポジトリが開設された。 「NetBeans IDE」は、「Apache Incubator」プロジェクトの一員として、「Apache Software Foundation」の正式なオープンソースプロジェクトになることを目指す。

NetBeans最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter