Mbed OS(エンベッドOS)とは、IoT用途特化で設計されたオープンソース組み込みオペレーティングシステムです。IoTデバイスで実行されるマイクロコントローラファームウェアを作成するための「Mbed C/C++ソフトウェアプラットフォーム」と「各種開発ツール」を提供します。

オープンソースのOS/Mbed OSとは

Mbed OS(エンベッドOS)とは、IoT用途特化で設計されたオープンソース組み込みオペレーティングシステムです。IoTデバイスで実行されるマイクロコントローラファームウェアを作成するための「Mbed C/C++ソフトウェアプラットフォーム」と「各種開発ツール」を提供します。

概要

Mbed OS(エンベッドOS)とは、IoT用途特化で設計されたオープンソース組み込みオペレーティングシステムです。

基本説明

Mbed OSは、IoTデバイスで実行されるマイクロコントローラファームウェアを作成するための「Mbed C/C++ソフトウェアプラットフォーム」と「各種開発ツール」を提供します。

「セキュリティ機能」「接続機能」「RTOSおよびランタイム環境」「各種ドライバ」「ビルドツール」「テストおよびデバッグスクリプトを提供するコアライブラリ」など、Arm Cortex-Mマイクロコントローラに基づく接続製品を開発するために必要なすべての機能が含まれています。

ユースケース

Mbed OSは、以下を含むプラットフォームを提供できます。

・セキュリティ基盤
・クラウド管理サービス
・「センサー」「I/Oデバイス」接続用のドライバ など

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→mbed.com →Platform →Mbed OS

■ライセンス情報

Mbed OSのライセンスは「the Apache 2.0 license」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Mbed OS →Docs →Contributing →License

■ダウンロード

→Mbed OS →Mbed OS Releases

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Ubuntu Core」など。

Mbed OS最新TOPICS

最新情報はありません。

Mbed OS最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

NASからオンラインストレージ移行時に押さえておきたいポイント

完全に遮断できないランサムウェア感染、水際対策だけでは防ぎきれない理由 ~攻撃者の暗号化からデータを守る最後の砦、バックアップ・リストア環境の高度化~

個人情報・機密情報は、クラウドではなくオンプレで管理 ~ペーパーレスで役立つ「Alfresco」のご紹介~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter