Beats(ビーツ)とは、オープンソースデータ収集/転送プラットフォームです。Elastic社のプロダクト群で、サーバからあらゆる種類のオペレーショナルデータを収集して、Elasticsearch/Logstashなどに情報を転送します。

オープンソースの運用管理・運用自動化/Beatsとは

Beats(ビーツ)とは、オープンソースデータ収集/転送プラットフォームです。Elastic社のプロダクト群で、サーバからあらゆる種類のオペレーショナルデータを収集して、Elasticsearch/Logstashなどに情報を転送します。

■関連する比較ページ

「Beats」基本情報

■概要

Beats(ビーツ)とは、オープンソースデータ収集/転送プラットフォームです。Elastic社のプロダクト群で、サーバからあらゆる種類のオペレーショナルデータを収集して、Elasticsearch/Logstashなどに情報を転送します。

■基本説明

Beatsはサーバに常駐して、リソース情報、ログファイル、HTTPリクエスト、発行したSQLなどを取得して、Elasticsearchなどに情報を転送します。

「モニタリングエージェント」として機能し、それぞれの用途ごとのインプットに特化したシンプル/軽量なデータ取り込み機能を提供します。

■関連プロダクト

・Elasticsearch:Elastic社のオープンソースサーチエンジン
・Kibana:ダッシュボード機能 「Elasticsearch」+「Kibana」などでデータを可視化
・Logstash:Elastic社のデータ取り込みツール

■Beatsのポイント

・シンプル機能
・軽量動作
・Go言語実装
・軽量フットプリント
・JVM不要
・YAML形式設定ファイル
・マルチプラットフォーム
・出力処理は共通ライブラリ利用

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Elastic →Beats

ライセンス情報

Beatsのライセンスは「Apache License Version 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →elastic/beats →LICENSE.txt

ダウンロード

→Elastic →Beats →Downloads

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Fluentd」「Apache Flume」など。

「Beats」の主な機能

■Beatsプラットフォーム(libbeatライブラリ)

「libbeat」は、全Beatで共通するタスク処理のための「共通Goライブラリ」です。Logstash/Elasticsearchに、セキュア/効率的に情報を送信する基盤機能です。

新しいBeatを作成する場合、開発者は取り組みたい処理だけに集中でき、拡張を容易にします。

■Topbeat

「Topbeat」は、各サーバから各種リソース情報を取得し、定期的にLogstash/Elasticsearchに送信します。

システム負荷、空き/使用中メモリ、ディスク使用状況、スワップ状況、各プロセス情報などの指標を収集します。

■Filebeat

「Filebeat」は、ログファイルのメッセージを取り込むツールです。

設定ファイルで指定したログファイルを取り込み、Elasticsearchなどへデータを送信します。

■Packetbeat

「Packetbeat」は、ネットワークパケットをキャプチャして解析を行う「ネットワークアナリティクス」ツールです。

トランザクション要求と応答を関連付けて、各トランザクションに関するデータをElasticsearchに転送します。分散型リアルタイムな「Wireshark」のようなイメージです。Webサーバ側にインストールします。

HTTPパケット(リクエストURL、HTTPステータスなど)、MySQLパケット(発行SQL、発行結果)などを取得できます。

■コミュニティで開発されているBeats

コミュニティによって、さまざまな用途のBeats製品が開発されています。
・dockerbeat
・nginxbeat
・pingbeat
・uwsgibeat
・httpbeat
・phpfpmbeat など

Beats最新TOPICS

最新情報はありません。

Beats最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

Withコロナ時代を生き抜くためのITサミット

クラウド活用だけで終われないBCP - ハイブリッドクラウド×AIOps -

RPA本格活用の第2ステージへ 「Withコロナ」のRPA活用・企業のDX推進とは?

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter