Fluentd(フルエントディー)とは、データコレクタ(ログデータ収集管理ツール)として、ログデータを収集しJSONに変換して出力する機能を提供します。「入力機能」や「出力機能」などはモジュール化されており、プラグインモジュールを追加することで、さまざまなデータソースや出力先に対応できます。

オープンソースのログ管理/fluentdとは

Fluentd(フルエントディー)とは、データコレクタ(ログデータ収集管理ツール)として、ログデータを収集しJSONに変換して出力する機能を提供します。「入力機能」や「出力機能」などはモジュール化されており、プラグインモジュールを追加することで、さまざまなデータソースや出力先に対応できます。

■関連する比較ページ

「Fluentd」基本情報

■概要

Fluentd(フルエントディー)とは、データコレクタ(ログデータ収集管理ツール)です。

■基本説明

Fluentdはログデータを収集しJSONに変換して出力する機能を提供します。

「入力機能」や「出力機能」などはモジュール化されており、プラグインモジュールを追加することで、さまざまなデータソースや出力先に対応できます。

収集したログは「ファイル」「RDBMS」「NoSQL」「Hadoop」などに書き込むことが可能であるため、ロギングインフラストラクチャを統一できます。

「スキーマレス」「プラグイン機構」「バッファリング機構」などの特徴があります。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Fluentd(Fluentd | Open Source Data Collector | Unified Logging Layer)

ライセンス情報

Fluentdのライセンスは「Apache License 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →fluent/fluentd →fluentd/LICENSE

ダウンロード

Fluentdは「Linux」「Mac OSX」「Windows」で利用できます。

10分以内でセットアップできます。

→Fluentd →Download Fluentd

導入事例

Fluentdは、5000以上のデータ駆動型企業で利用されています。

→Fluentd →Testimonials

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Logstash」「Graylog」など。

fluentd最新TOPICS

【OSS】日本発のデータ収集ツール「Fluentd」、「Cloud Native Computing Foundation(CNCF)」の管理プロジェクトに---有力OSSの仲間入り(2016年11月10日 10:03)

米Linux Foundationは、11月8日(米国時間)、 オープンソースのデータ収集ツール「Fluentd」が「Cloud Native Computing Foundation(CNCF)」の管理するプロジェクトになったと発表した。 【Fluentdとは】 ・古橋貞之氏が開発を始めたOSS ・米Googleや米Microsoftのクラウドの中でも使われている http://w...

fluentd最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

サーバーレステクノロジーによる総所有コスト(TCO)~ 従来型のクラウドサービス利用時との比較

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

「一人情シス」を助けるAWSのはじめ方(移行・セキュリティ・運用編)

「今こそコロナ第2波への対策を!テレワークでの社内問い合わせ管理負荷から解放されませんか」 ~即日導入可能!ITIL準拠社内ヘルプデスクの活用方法~

稼働中のシステム変更時の課題と対策~影響調査が大変、ちょっとしたミスが不具合につながる~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter