Logstash(ログスタッシュ)。Elastic社が提供するオープンソースログ収集管理ツールです。ログを収集し、1つのサーバに集約して管理します。主に、Elastic社のリアルタイム検索エンジン「Elasticsearch」とのセットでの使用を想定されています。

オープンソースのログ管理/Logstashとは

Logstash(ログスタッシュ)。Elastic社が提供するオープンソースログ収集管理ツールです。ログを収集し、1つのサーバに集約して管理します。主に、Elastic社のリアルタイム検索エンジン「Elasticsearch」とのセットでの使用を想定されています。

基本情報

概要

Logstash(ログスタッシュ)とは、Elastic社が提供するオープンソースログ収集管理ツールです。ログを収集し、1つのサーバに集約して管理します。主に、Elastic社のリアルタイム検索エンジン「Elasticsearch」とのセットでの使用を想定されています。

Elastic社関連製品との連携

「Elasticsearch」は、Elastic社が提供するオープンソース検索エンジンです。リアルタイムデータ全文検索/統計データなどをRestful(JSON)インターフェースで提供します。

「Logstash」は、Elastic社が提供するオープンソースログ収集製品です。ログ収集/記録のための機能を備えています。プラグイン形式で機能を拡張できるのが特徴です。

「Kibana」は、検索エンジン(データ保管+解析機能)として「Elasticsearch」を利用します。データ収集機能として「Logstash」の利用を推奨しています。「Elasticsearch」+「Logstash」+「Kibana」を組み合わせて使用すると、便利なログ解析プラットフォームとなります。

基本説明

Kibanaは、Webサーバアクセスログ/サーバ内部システム情報などの各種ログを収集します。

プレーンテキスト形式だけではなく、httpやElasticsearchのDBなどと連携できます。

コマンドラインツールとしても使用できます。

インストールや設定が簡単に行えるようになっています。

Rubyスクリプトを使用して、柔軟にデータ化前処理ができます。

TOPに戻る

主な機能

Logstashのアーキテクチャ

Logstashは、多くのログ管理ツールと同様に、トリガーとなるイベント監視、イベントが発生したらその情報を整形、しかるべき場所に適切な形式で出力、という機能を備えています。
Logstashは、各処理を、それぞれ「Input」「Filter」「Codec」「Output」と呼び、それぞれをプラグインとして実装することによって、さまざまなイベント種類、データ形式、出力先に対応できるようになっています。

「Inputプラグイン」 ログを記録するイベントを監視
(eventlog、file、pipe、stdin、tcpなど)
  ↓
「Codecプラグイン」 Inputから受け取ったメッセージを指定した形式に整形
(rubydebug、json、fluent、plainなど)
  ↓
「Filterプラグイン」 Codecから受け取ったメッセージをフィルタ処理(解析)
(checksum、json、xmlなど)
  ↓
「Output」 Filterから受け取ったメッセージを出力対象(ログ/サーバなど)に出力
(csv、exec、email、file、elasticsearchなど)

たとえば、Inputとして「stdin」、Outputに「file」というプラグインを使用すれば、標準入力からイベントを受け取り、それをファイルに出力します。

出力先として、「elasticsearch」を選択できるのがポイントです。

TOPに戻る

主な特徴

プラグインとフィルタ

プラグイン用APIが提供されており、豊富な種類のプラグイン/フィルタが用意されています。新規プラグインも追加されています。

あらゆるのタイプのデータを一元処理

多くのプラグインにより、あらゆるデータに対応できます。

スキーマ正規化

さまざまな非定型データを解析し、データストアに送る前に、スキーマを正規化できます。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Fluentd」「Apache Flume」「Zabbix」「Nagios」など。

TOPに戻る

導入事例

Elastic社のメインプロダクト「Elasticsearch」と同様に、世界中の企業で利用が進んでいます。

TOPに戻る

ライセンス情報

Logstashのライセンスは、「Apache License Version2.0」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Logstash最新TOPICS

最新情報はありません。

Logstash最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter