Movable Type Open Source(ムーバブルタイプオープンソース)。CMS製品です。静的出力の仕組みにより比較的安価なサーバで大量のアクセスに対応しやすい特徴があります。

オープンソースのポータル/CMS/Movable Type Open Sourceとは

Movable Type Open Source(ムーバブルタイプオープンソース)。CMS製品です。静的出力の仕組みにより比較的安価なサーバで大量のアクセスに対応しやすい特徴があります。

基本情報

概要

Movable Type Open Source(ムーバブルタイプオープンソース)とは、CMS製品です。静的出力の仕組みにより比較的安価なサーバで大量のアクセスに対応しやすい特徴があります。

基本説明

「Movable Type Open Source」は、「MTOS」と略されます。

主にPerlで実装されています。データストアとしてMySQLを採用しています。

経緯

2001年、誕生しました。

2007年に、オープンソース版「Movable Type Open Source(MTOS)」と、有償版「Movable Type(MT)」に分かれました。MTOSおよびMTは、機能的に大きな差異はありません。

オープンソース版 と 有償版

オープンソース版「Movable Type Open Source」

主要開発元は、「Movable Type オープンソース・プロジェクト」です。

オープンソース版「Movable Type Open Source(MTOS)」は、商用版「Movable Type(MT)」のコア部分とほぼ同等で、開発のプラットフォームとしての位置づけを持ちます。

MTOSとMTの相互フィードバックにより、「Movable Typeプラットフォーム」全体としての機能を高めています。

※MT用に作成されたプラグインは、MTOSでは動作しない可能性があります。

※MTOSはカスタムフィールドを使用できませんが、プラグインで同じような形式を取れます。

有償版「Movable Type」

主要開発元は、「シックス・アパート社」です。

MTOSと同等の「Movable Type」コアをベースに、ビジネス面での様々なニーズを満たす商用パッケージになっています。カスタムフィールド機能やコミュニティ機能などが追加されています。

個人無償ライセンスは、個人利用(非商用利用)に限定して、「Movable Type 商用ライセンス(Pro)」が持つすべての機能を無償で利用できるライセンスです。

「Movable Type Open Source」は開発停止

「Movable Type Open Source」は、2015年10月に開発が停止しています。

※有償版「Movable Type」は、アクティブです。

TOPに戻る

主な特徴

静的出力

MTOSは、静的ページベースです。データベースに収納した各種情報を「再構築」作業によりhtmlファイルへ出力します。静的出力を生かしたレスポンスの良いサイト作りが可能です。

(デメリット)再構築に時間がかかる

静的生成であるため、再構築を実行しなければページの変更は反映されません。再構築でのhtml出力には時間がかかります。

ページ記述言語「MTML」

「MTML」という、HTMLに近い言語で記述します。

マルチサイト

1つのMTOSシステムの中に、複数のウェブサイトとブログを作成できます。

テンプレート階層も「グローバル」「ウェブサイト」「ブログ」と分けられています。

サイトをコピーして、開発用サイトを簡単に作成できます。

(デメリット)各種プラグイン/テーマの絶対数が少ない

プラグインは各種提供されているのですが、WordPressに比べると数はかなり少なめです。

TOPに戻る

主な機能

・ブログ記事の作成
・ウェブページの作成
・テンプレートエンジン(モジュールテンプレートによる作業効率化)
・フィードの提供
・トラックバック
・Atom出版プロトコルによる投稿
・画像や動画、音声といったアイテムの管理
・複数ブログの管理
・複数ユーザと権限の管理
・タグやカテゴリによるブログ記事の管理
・スパム検疫
・OpenIDやTypeKeyなどの外部認証によるコメント投稿者の管理
・スタイルやウィジェットによるデザイン
・ブログ内の検索
・プラグイン

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品: 「WordPress」 「Drupal」 「Joomla」 など。

TOPに戻る

ライセンス情報

「Movable Type Open Source」のライセンスは、「GNU General Public License」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

オープンソース版「Movable Type Open Source」
ダウンロードページ

有償版「Movable Type」
ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Movable Type Open Source最新TOPICS

【CMS】ピックアップ7選まとめ---「WordPress」から「baserCMS」まで、メジャーなCMSが安全(2016年07月26日 16:03)

数あるCMSの中から7つをピックアップしてコンパクトに紹介している。 1. WordPress   http://www.ossnews.jp/oss_info/WordPress 2. a-blog cms 3. baserCMS 4. XOOPS Cube 5. Concrete5 6. Movable Type   http://www.ossnews.jp/oss_in...

Movable Type Open Source最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 20171130-netapp サイド
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter