Canvas LMS(キャンバスLMS)とは、オープンソース学習管理システム(LMS:Learning Management System)です。学習教材配信管理や成績管理など、学習に必要な各種要素を統合して管理できます。世界中の多くの学校で採用されています。

オープンソースのeラーニング/Canvas LMSとは

Canvas LMS(キャンバスLMS)とは、オープンソース学習管理システム(LMS:Learning Management System)です。学習教材配信管理や成績管理など、学習に必要な各種要素を統合して管理できます。世界中の多くの学校で採用されています。

「Canvas LMS」基本情報

■概要

Canvas LMS(キャンバスLMS)とは、オープンソース学習管理システム(LMS:Learning Management System)です。

■基本説明

Canvas LMSは、学習教材配信管理や成績管理など、学習に必要な各種要素を統合して管理できるシステムです。

世界中の多くの学校で採用されています。

■主要開発元

Canvas LMSは、Instructure社を中心として開発されています。

「簡単に使えるeラーニングシステムを目指す」というポリシーに従い開発が進められています。

開発責任の所在が明確であるため「設計方針決定」「品質管理」「開発持続性」において高い一貫性を期待できます。

→instructure.com →Who Is Instructure?

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→GitHub →instructure/canvas-lms →Wiki

ライセンス情報

Canvas LMSのライセンスは「GNU AFFERO GENERAL PUBLIC LICENSE Version 3」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →instructure/canvas-lms →LICENSE

ダウンロード

→GitHub →instructure/canvas-lms →Wiki →Installation Tutorials

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「moodle」「iroha Board」など。

「Canvas LMS」の主な特徴

■シンプルインターフェース

Canvas LMSは、シンプルで美しく使いやすい画面デザインのインターフェースを提供しています。

■アプリコレクション

Canvas LMSは「LTI(Learning Tool Interoperability)アプリケーション」に対応しており、LTI標準に対応した外部アプリケーションを簡単に連携設定できます。

→eduappcenter.com

■API連携

Canvas LMSは「Google Docs」「Google Calendar」「Facebook」「Twitter」などのWebサービスと連携して利用できます。

機能拡張や自動化により、さらに効率的なシステムに強化できます。

→canvas.instructure.com →Doc →Canvas LMS - REST API and Extensions Documentation

「Canvas LMS」の主な機能

■LMS機能

・コース別ホームページ作成機能---ダッシュボード、ナビゲーションメニュー、サイドバー
・新規コース作成ウィザード機能---コースコンテンツ、課題、受講生招待、イベント登録、コース別ホームページ作成
・コース管理機能---シラバス管理、コース設定、ステータス管理、履歴統計管理
・ユーザー管理機能---メンバー管理、受講生グループ管理
・協調学習(共同作業支援)機能
・課題登録機能
・テスト管理機能
・成績管理機能 など

■コラボレーション機能

・メッセージ機能
・オンライン会議機能
・ディスカッション機能 など

■システム機能

・ファイル管理機能
・モジュール管理機能---課題、小テスト、アップロードファイル
・リッチコンテンツエディタ
・通知機能---LMSシステム画面上、eメール、RSSフィード、SNS(Facebook/Twitter)
・カレンダー設定機能
・ジョブ監視機能 など

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Canvas LMS最新TOPICS

最新情報はありません。

Canvas LMS最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter