Boxとは、企業向けファイルストレージサービスです。米国Fortune500社においてビジネスユース実績No.1のシェアを獲得しています。

クラウドサービス/Boxとは

Boxとは、企業向けファイルストレージサービスです。米国Fortune500社においてビジネスユース実績No.1のシェアを獲得しています。

概要

Boxとは、企業向けファイルストレージサービスです。米国Fortune500社においてビジネスユース実績No.1のシェアを獲得しています。

基本情報

プラットフォーム クラウドサービス
クラウドサービス名 Box
読み方 ボックス
略称 ---

基本説明

Boxにファイルをアップロードすれば、場所やデバイスを問わずに、さまざまなコンテンツへ対するセキュアな接続が可能です。

「強固なセキュリティ」と「きめこまやかな管理機能」が特徴です。

TOPに戻る

主な特徴

直感的なユーザインターフェース

「Box」のユーザインターフェースは日本語対応しており、直感的な操作が可能です。

ファイルアップロード

最大5GBのファイルをアップロードできます。

共有設定

「Box」に格納されたコンテンツに対して、「フォルダ単位」「ファイル単位」で共有設定できます。

「コメント記述」や「タスク割り当て」などの機能も備えています。

ビューア

対応するアプリケーションがインストールされていない状態でも、ビューアで確認できます。100種類以上のドキュメントに対応してます。

マルチデバイス

多数のスマートデバイスに対応しています。

モバイルアプリ連携

1000種類以上のモバイルアプリと連携して、Box上のファイルを閲覧/編集/保存できます。

カスタムソリューション作成

「Box モバイル SDK」「API」「開発者ツール」などを使用して、Box用のカスタムアプリケーションの開発が可能です。

セキュア/可用性

高い信頼性についての特徴は次の通りです。
・分散配置されたデータセンター(全世界6か所でバックアップ)
・保存ファイルは3重にバックアップ
・運用性保証「SSAE16 SOC-1 Type II」準拠
・ファイル転送時/保存時にすべて強固に暗号化(SSL暗号化)
・ストレージアルゴリズムに「256bit-AES」を採用 など

アクセス権限管理

詳細なアクセス制限でセキュアな管理環境を構築できます。
・一元的セキュリティ制御
・グループ単位/ユーザ単位でのアクセス権限設定
・アクセス権限は7種類(所有者/編集/削除/リンク取得/プレビュー/ダウンロード/アップロード)
・強固なパスワード生成機能

ログ/レポート機能

豊富なログ/レポート機能で、ユーザの利用状況を可視化できます。
・85種類以上のアクティビティの測定が可能(閲覧/ダウンロード/編集/削除 など)
・ユーザ所有となっているファイルについても管理可能

シングルサインオン対応

Boxは「SAML 2.0」に対応しているため、各種認証基盤(Active Directory/LDAPなど)と連携して、シングルサインオン環境の構築も行えます。

クラウドサービス連携

150以上のクラウドビジネスアプリケーション(「Salesforce」「Google Apps」など)と接続し、シームレスな連携が可能です。

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

Google Drive」「OneDrive」「Dropbox」など

TOPに戻る

導入事例

世界で6万社以上の企業で「Box」が採用されています。

TOPに戻る

参考元サイト

・「Box」オフィシャルサイト
・Macnica Networks →Box TOP
・SELECK →Box →Boxをなぜ選ぶ?他のクラウドストレージと比較しての利点を解説
・GAPRISE →Box →Home

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Box最新TOPICS

【講演資料を公開】12/18【20社限定】Boxと周辺システムとの連携、自動化による業務改革~API連携、RPA連携、社外との簡単なファイル共有~(2021年01月17日 09:15)

2020/12/18(金)13:00~14:00「【20社限定】Boxと周辺システムとの連携、自動化による業務改革~API連携、RPA連携、社外との簡単なファイル共有~」と題したウェビナーを主催:フォージビジョン株式会社にて開催しました。 本セミナーでは、Box-APIを活用した周辺システムとのインテグレーション事例やRPA連携事例、自社開発したパスワード自動付与サービスをご紹介しながら、中...

Box最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

Function-As-AServiceプラットフォーム、主要プロバイダ9社とその状況

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ビジネス変革と共に進化を遂げる!NVMe-oF で共通基盤インフラ最適化

エンタープライズ領域における、Docker、Kubernetesの重要性について ~マルチクラウドやDXまで考えた場合の、コンテナ活用のメリット~

ニューノーマルな働き方へ!Microsoft 365セキュリティ&Teams運用強化セミナー Teams運用や管理、アクセス制御やメールセキュリティなどの課題について、解決方法をご紹介

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter