Apache Subversion(アパッチサブバージョン)とは、オープンソースのバージョン管理システムです。プログラムのソースコードなどを管理するための集中型バージョン管理を行います。

オープンソースのバージョン管理/Apache Subversionとは

Apache Subversion(アパッチサブバージョン)とは、オープンソースのバージョン管理システムです。プログラムのソースコードなどを管理するための集中型バージョン管理を行います。

「Apache Subversion」基本情報

■概要

Apache Subversion(アパッチサブバージョン)とは、オープンソースのバージョン管理システムです。プログラムのソースコードなどを管理するための集中型バージョン管理を行います。

■基本説明

Subversionは、貴重なデータを安全に管理するための信頼性を特徴とするオープンソースの集中型バージョン管理システムです。

シンプルなモデルと使い勝手により、個人レベルからエンタープライズレベルまで、さまざまなユーザーやプロジェクトのニーズをサポートする能力を備えています。

■動作環境

Linux、Mac OS X、Windowsなどで動作します。

■経緯

・2000年 初版リリース
・2010年 Apacheのトッププロジェクトに

主な特徴

■CVSベース

CVSとは

「CVS(Concurrent Versions System)」は、主にソースコードの変更を記録し管理するためのシンプルなバージョン管理システムです。分岐バージョンも管理できます。

ただし、「ディレクトリの移動管理」「ネットワーク不対応」「不可分更新」などの点で難がありました。

CVSを拡張

Subversionは、CVSの問題点を解決すべく開発された経緯があります。

優れたCVSになるように設計されており、基本的モデル/デザイン/インターフェースはCVSの影響を強く受けています。

■クライアント/サーバ型

Subversionは集中型(クライアント/サーバ型)アーキテクチャです。

その後、Gitなどの分散型バージョン管理システムが登場し、分散型が主流になっています。

階層化ライブラリデザイン

Apache Subversionは、クリーンなAPIを備えた階層化されたライブラリとしてデザインされています。

他のアプリケーションによって呼び出されるように設計されており、明確に定義されたインターフェイスを持つモジュールセットとして構成されています。

■出力メッセージ

解析可能な出力

Subversionコマンドラインクライアントのすべての出力は、人間が読める形式で出力されます。

ローカライズ

Subversionは「gettext()」を使用して、現在のロケール設定に基づいて変換された「エラーメッセージ」「情報メッセージ」「ヘルプメッセージ」を表示します。

■プログラミング言語バインディング

Subversion APIには、Python/Perl/Java/Rubyなどの多くのプログラミング言語用のバインディングが付属しています。

バージョン管理

Apache Subversionは、高機能なバージョン管理操作を行えます。
・ディレクトリ変更管理
・シンボリックリンク変更管理
・コピー/削除/名前変更管理
・ブランチ/タグ管理
・マージトラッキング
・ファイルロック
・自由形式メタデータ添付
・アトミックコミット
・インタラクティブ競合解決
・読み取り専用ミラーリング
・効率的バイナリ処理
・チェンジリスト など

補足情報

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「CVS」「Git」など。

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→Apache Subversion

ライセンス情報

Apache Subversionのライセンスは「APACHE LICENSE, VERSION 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Apache Software Foundation →LICENSING OF DISTRIBUTIONS

ダウンロード

→Apache Subversion →Download Source Code

→Apache Subversion →Apache Subversion Binary Packages

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Apache Subversion最新TOPICS

【OSS】「Git LFS」にコマンドインジェクション脆弱性---各種バージョン管理システム(Git、GitLab、Subversion、Mercurial)に影響(2017年08月18日 11:03)

ドイツのセキュリティベンダー「Recurity Labs GmbH」は、8月10日(現地時間)、 「Git LFS」にコマンドインジェクションの脆弱性が存在することを明らかにした。 なるべく早いアップデートを推奨している。 【影響を受けるバージョン管理システム】 ・「GitLab」:CVE-2017-12426 ・「Git」:CVE-2017-1000117 ・「Mercurial...

Apache Subversion最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

第2回「多要素認証の種類と方法」

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 勉強会
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter