Amazon Redshiftとは、AWSが提供するクラウド型データウェアハウス(DWH)サービスです。大容量データを高速処理でき、費用対効果の高いデータウェアハウスを利用できます。

Amazon Web Services/Amazon Redshiftとは

Amazon Redshiftとは、AWSが提供するクラウド型データウェアハウス(DWH)サービスです。大容量データを高速処理でき、費用対効果の高いデータウェアハウスを利用できます。

「Amazon Redshift」基本情報

概要

Amazon Redshiftとは、AWSが提供するクラウド型データウェアハウス(DWH)サービスです。大容量データを高速処理でき、費用対効果の高いデータウェアハウスを利用できます。

基本データ

プラットフォーム AWS
クラウドサービス名 Amazon Redshift
読み方 アマゾン レッドシフト
略称 ---

基本説明

Amazon Redshiftを利用すると、「標準SQL」および「既存のビジネスインテリジェンス(BI)ツール」を使用して、すべてのデータをシンプルかつコスト効率よく分析できます。

TOPに戻る

主な特徴

大容量データ処理

Amazon Redshiftは、1エクサバイトを超える大容量データに対応します。

高速処理

Amazon Redshiftでは、さまざまな革新的技術を駆使して、ペタバイト単位の構造化データに対して高速な分析クエリ性能を実現しています。
・高パフォーマンスのローカルディスク
・列指向ストレージテクノロジー(I/O効率向上)
・データ圧縮
・ゾーンマッピング
・クエリ最適化(SQL操作の並列化と分散化)
・超並列クエリ実行(複数ノード間でのクエリ並列化)

ほとんどの結果は数秒で返され、従来のデータベースよりも最大で10倍のパフォーマンスを達成します。

Amazon S3用クエリ実行機能「Redshift Spectrum」

「Redshift Spectrum」とは、「Amazon Redshift」から、「Amazon S3」のエクサバイト単位の非構造化データに対してSQLクエリを直接実行できる機能です。

ポイント
・ロードや変換は不要
・さまざまなオープンデータフォーマットに対応
・データセットのサイズに関係なく高速なクエリ実行が可能
・「Amazon S3」をデータレイクとして使用できる

スケーラブル

パフォーマンスや容量のニーズの変化に合わせて、コンソール/APIから、クラスタサイズを簡単に変更できます。

耐障害性

ノードに書き込まれたデータはすべてクラスタ内の別ノードへ自動的に複製され、全データは常時Amazon S3にバックアップされます。

クラスタ状態は常時モニタリングされており、障害があるドライブから自動的にデータを再度複製し、必要に応じてノードの交換が行われます。

セキュリティ

保管中/移動中/バックアップのデータについて、ハードウェアアクセラレーション対応の「AES-256」および「SSL」を使用して暗号化できます。

分析作業の自動化

Amazon Redshiftでは、「データウェアハウスの管理」「モニタリング」「スケーリング」など、一般的な管理作業の大半を簡単に自動化できます。

「PostgreSQL」準拠

Amazon Redshiftは、「PostgreSQL 8.0.2」に準拠しています。

PostgreSQL標準の「クライアントコマンド」「psql」を使用可能で、JDBCやODBCなどの接続もサポートしています。

コスト削減

従来のデータウェアハウス構築と比較すると、年間費用で10倍~1000倍近くのコストダウンも見込め、スモールスタートで始められるメリットもあります。

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

Azure「SQL Data Warehouse」、Google Cloud Platform「BigQuery」など

TOPに戻る

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト
→AWS →Amazon Redshift

料金情報
→AWS →Amazon Redshift →料金

導入事例
→AWS →Amazon Redshift →Customer Success

TOPに戻る

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Amazon Redshift最新TOPICS

最新情報はありません。

Amazon Redshift最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter