Pentaho Data Integration(ペンタホデータインテグレーション)はETLツールです。革新的なメタデータ駆動型アプローチを使用して、強力な「データ抽出」「データ変換」「データ読み込み」などを実行できます。開発経緯から「Kettle」とも呼ばれます。

オープンソースのETL/Pentaho Data Integrationとは

Pentaho Data Integration(ペンタホデータインテグレーション)はETLツールです。革新的なメタデータ駆動型アプローチを使用して、強力な「データ抽出」「データ変換」「データ読み込み」などを実行できます。開発経緯から「Kettle」とも呼ばれます。

概要

Pentaho Data Integration(ペンタホデータインテグレーション)はETLツールです。革新的なメタデータ駆動型アプローチを使用して、強力な「データ抽出」「データ変換」「データ読み込み」などを実行できます。開発経緯から「Kettle」とも呼ばれます。

基本説明

Pentaho Data Integration(PDI)(Kettle)は、「変換構築」「ジョブスケジュール」などを実行できるETLデスクトップアプリケーションです。

「直感的でグラフィカルなドラッグアンドドロップ設計環境」と「実績のあるスケーラブルな標準ベースアーキテクチャ」を備えたPDIは、「キャプチャ」「クレンジング」「保存プロセス」などのデータに関する操作をシンプルに実行できます。

開発経緯

Pentahoが、PDIのベースとなったKettle(Kettle Extraction Transformation Transport LoadEnvironment)を買収した時に「Pentaho Data Integration」に改名されました。

ユースケース

・異なるデータベースおよびアプリケーション間のデータ移行
・巨大データセットをデータベースにロード
・範囲ステップによるデータクレンジング
・PentahoReportingのデータソースとしてリアルタイムETLを活用する機能を含むデータ統合
・データウェアハウス構築---少しずつ変化するディメンションと代理キー作成に対するサポート など

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→community.hitachivantara.com →data-integration-kettle

■GitHub

→github.com →pentaho/pentaho-kettle

■主要開発元

Pentaho Data Integrationは、community.hitachivantara.comが中心となり開発が進められています。

→community.hitachivantara.com

■ライセンス情報

Pentaho Data Integrationのライセンスは「Apache License 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→github.com →pentaho/pentaho-kettle →LICENSE.txt

■動作環境

「Linux」「Windows」「MacOS」がサポートされています。

■ダウンロード

→github.com →pentaho/pentaho-kettle

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Talend Open Studio」など。

Pentaho Data Integration最新TOPICS

最新情報はありません。

Pentaho Data Integration最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

テレワーク、社員の動きがわからない。必要な時にすぐ相談できない。~バーチャルオフィスで社員の出勤状況を可視化、メンタルヘルスケアも~

データ収集から活用まで~データ活用でDXを支援するBIソリューションの新サービス「CC-Dash」~

PDFファイルの変換による再利用の促進とディスク使用量の圧縮 ~増大する文書の保管方法についてのアイデア(iText pdfOptimizer発表)~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter