Atom(アトム)。オープンソースのプログラマー向けコードエディタです。GitHubが主体になって開発しています。強力な機能拡張性が特徴です。

オープンソースのAtomとは

Atom(アトム)。オープンソースのプログラマー向けコードエディタです。GitHubが主体になって開発しています。強力な機能拡張性が特徴です。

基本情報

概要

Atom(アトム)とは、オープンソースのプログラマー向けコードエディタです。GitHubが主体になって開発しています。強力な機能拡張性が特徴です。

基本説明

Atomは、GitHub創業者Chris Wanstrath氏が「Web技術を用いて、Emacsのように自由にカスタマイズできる新世代のエディタを開発する」という思いから始まったエディタです。「A hackable text editor for the 21st Century」を標榜しています。

Atomはタブ型エディタで、一般的なキーボードショートカット設定になっているため、特に違和感なく使い始めることができます。「Sublime Text」を意識した作りになっており、操作性はかなり似ています。ビジュアル/機能などもテーマ/パッケージをインストールすることでかなり近づけることができます。一般的なテキストエディタとしても利用可能なため、ビギナーから上級者まで、それぞれに適した使い方が可能です。

Web関連技術者が多く集まるGithub上で開発されているため、Web開発者にとって使い易いエディタになっています。拡張機能も数多く公開されており、Web開発者が作業を効率化するためのさまざまな機能が網羅されています。

経緯

2008年、開発開始
2014年、オープンソース公開(MIT License)
2015年6月、正式版v.1.0.0リリース

TOPに戻る

主な特徴

クロスプラットフォーム

Windows/Mac OS X/Linuxで利用可能です。

拡張性(パッケージ)

Atomの最大の特徴として、オープンソースで数多くの機能拡張用パッケージが公開されている点があります。世界中の優秀なエンジニアが日々Atomを進化させています。非常に高い拡張性があり「他のテキストエディタにできて、Atomにできないことはほぼ存在しない」とされています。

各種パッケージをインストールすることにより「自分好みのエディタ」を作り上げることができます。

パッケージは、Atom公式サイト「atom.io」で管理されています。「atom.io」は、GitHubアカウントと連携するWebアプリケーションになっており、パッケージ/テーマの検索/公開のためのエコシステムが提供されています。インストールしたいパッケージにスターを付けておけばローカルのAtomに同期できます。

日本語メニュー

初期設定では英語環境ですが、パッケージ「Japanese-menu」をインストールすれば、日本語メニューに変更できます。

日本語対応フォント

日本語対応フォントをサポートしています。

画面分割(ペイン分割)機能

1つのファイルを縦にも横にも画面分割して表示できます。

ディレクトリツリー表示ペインを配置できます。ここからファイルを開いたり、ファイル作成などが可能です。

Markdownプレビュー機能

デフォルトでMarkdown形式のプレビューに対応しています。AtomはGitHub製ということもあり、GithubのGFM(Github Flavored Markdown)に対応しています。

折りたたみ機能

タグとタグの間を折りたたみ、見やすく表示できます。

キーバインド機能

自由にキーバインド(ショートカットキー)を設定できます。

テーマ変更機能

初期設定では黒を基調としたモダンスタイルですが、さまざまなテーマをインストールすることにより好みの色/スタイルに変更可能です。

スニペット機能

コードスニペットとは、よく使われる短いコード断片に名前を付け、簡単な操作でソースコードに挿入可能にする機能です。

Atomに標準で登録されており、自分で登録することも可能です。

Chromiumベース

Atomは、「Google Chrome」のベースであるオープンソースブラウザ「Chromium」をベースとして開発されています。

ユーザインターフェースは、ウェブ技術である「JavaScript」「CSS」などを使用してカスタマイズ可能です。HTML5でUIが構築できるため、ビジュアル的に優れた拡張パッケージが多くあります。Web開発との相性が良いというメリットもあります。

しかし、一般的な軽量テキストエディタと比較すると「起動が遅い」「メモリ消費が多い」などのデメリットがあります。

TOPに戻る

同様製品(概要情報)

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Visual Studio Code」など。

TOPに戻る

導入事例

月間アクティブユーザ数が100万人を突破するなど、大注目のコードエディタになっています。

TOPに戻る

ライセンス情報

Atomのライセンスは、「MIT License」です。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Atom最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter