LibreOffice(リブレオフィス)とは、「Microsoft Office」と同等の機能を持つ、オープンソース高機能オフィススイート製品です。一般的なLinuxディストリビューションのデフォルトオフィススイートになっており、世界で多くのユーザーが利用しています。

オープンソースのオフィススイート/LibreOfficeとは

LibreOffice(リブレオフィス)とは、「Microsoft Office」と同等の機能を持つ、オープンソース高機能オフィススイート製品です。一般的なLinuxディストリビューションのデフォルトオフィススイートになっており、世界で多くのユーザーが利用しています。

■関連する比較ページ

「LibreOffice」基本情報

■概要

LibreOffice(リブレオフィス)とは、「Microsoft Office」と同等の機能を持つ、オープンソース高機能オフィススイート製品です。

■基本説明

LibreOfficeは複数のOfficeアプリケーションで構成されている高機能オフィススイートです。

一般的なLinuxディストリビューションのデフォルトオフィススイートになっており、世界で多くのユーザーが利用しています。

■経緯

・2010年:初版リリース

OpenOfficeを継承

LibreOfficeは、OpenOfficeを継承しています。

2010年、当時のOpenOffice開発元であったサン・マイクロシステムズが、Oracle社に買収されたことを契機として、プロジェクト主要メンバーはThe Document Foundationという新しいグループを結成し、LibreOfficeの開発につながっています。

開発コミュニティ

LibreOfficeは、数百人以上の貢献者によってアクティブな開発が続けられています。

開発目標として「特定ベンダーに依存しない」「OpenDocument(ODF)をサポート」「誰でも自由に利用可能」などを掲げています。

■ユースケース

LibreOfficeは、MicrosoftOfficeと同様に、さまざまな用途で利用できます。
・社内ドキュメント作成
・マーケティング用プレゼンテーション作成
・パンフレット作成
・財務報告書作成
・論文作成
・製図/図面作成 など

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→LibreOffice(LibreOffice - オフィススイートのルネサンス)

ライセンス情報

LibreOfficeのライセンスは「Mozilla Public License v2.0 +他」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→LibreOffice →私たちについて →ライセンス

動作環境

LibreOfficeは「Linux」「Mac OS X」「Windows」に対応しています。

ダウンロード

→LibreOffice →ダウンロード →LibreOffice最新版

導入事例

→LibreOffice →初めての方に →どんな人がLibreOfficeを使っていますか?

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Apache OpenOffice」など。

  • 勉強会
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter