DRBD(ディーアールビーディー)。Linuxプラットフォームにおいて、ネットワークを通じて、ハードディスクなどのストレージデバイスをリアルタイムに複製同期するエンタープライズ向けストレージソリューションです。

オープンソースのクラスタリング/DRBDとは

DRBD(ディーアールビーディー)。Linuxプラットフォームにおいて、ネットワークを通じて、ハードディスクなどのストレージデバイスをリアルタイムに複製同期するエンタープライズ向けストレージソリューションです。

基本情報

概要

DRBD(ディーアールビーディー)とは、Linuxプラットフォームにおいて、ネットワークを通じて、ハードディスクなどのストレージデバイスをリアルタイムに複製同期するエンタープライズ向けストレージソリューションです。

DRBDは、「Distributed Replicated Block Device」の略表記です。

DRBDは、TCP/IPネットワークを通じて複数のサーバ間のHDDをパーティション単位でミラーリング(複製)するストレージシステムです。ネットワーク越しに、ほぼRAID1のような冗長環境を作り出すことができます。

重要なデータを消失させないためのバックアップシステムとして活用できます。また、サービスを冗長化させるストレージシステムとしても利用することができます。つまり、データ保護と同時にサービスのダウンタイム時間を最小化させることができます。

DRBDはLinuxのカーネルモジュールを必要とするため、LinuxOS上で動作します。FreeBSDやOpenSolarisでは動作しません。

DRBDは2010年にLinuxカーネルに取り込まれました。カーネルに組み込まれるほどのクオリティの高さを裏付けています。

TOPに戻る

主な機能

・最大32ノードのリアルタイム同期レプリケーション

・実質無制限のデータサイズをサポート

・高速半導体ディスクやSSDへの高速I/O

・Infiniband RDMAネイティブサポート

・データ読み込み時のロードバランス

・無停止で拡張できるスケーラビリティ

・「OpenStack Cinder」ドライバの提供

・「SANレス」への拡張性

・同期と非同期の混在、高可用性と災害対策を同時に実現

TOPに戻る

主な特徴

【高速ネットワーク対応】
10Gigabit、InfiniBandなどに対応しています。

【障害対応性】
アクティブとスタンバイのそれぞれサーバに、同時にリアルタイム同期をして、アクティブ側で障害が発生した場合はスタンバイ側に切り替えて、サービス継続が可能です。復旧後は、自動的にデータの再同期を行います。

【災害対応】
オプション製品である「DRBD Proxy」を使用すると、WAN(広域通信網)環境でもDRBDのリアルタイムレプリケーションが可能となります。遠隔地にバックアップサーバを設置しておくことで、大規模災害にも対応できます。

【多ノード対応】
最大31台までのサーバにデータをレプリケートできます。最適にチューニングされた内部アルゴリズムによって、各種オーバヘッドも最小化されています。

【OpenStack Cinderドライバ】
開発元であるLINBIT社は、OpenStack開発コミュニティに参加して、DRBDを使ったCinderドライバを提供します。

【DRBDプロトコル】
DRBDプロトコルを使用すれば、速度に限界があるSAN(ストレージエリアネットワーク)を使わずに、高速な同期処理を行うことができます。

TOPに戻る

導入事例

中小規模からエンタープライズ規模まで、さまざまな領域において数多くの導入実績があります。

TOPに戻る

ライセンス情報

LICENCEDRBDのライセンスは、「GNU Public License 2」ライセンスです。このライセンスに従うことを条件として、ソースコードの改変と公開が許可されています。

TOPに戻る

ダウンロード

ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

DRBD最新TOPICS

【講演資料を公開!】12/06『Cephと比較して20倍高速!「DRBD SDS for OpenStack」の検証結果の報告/事例に見るSDS選択のポイントとは?』(2016年12月14日 12:15)

2016年12月06日(火)14:00~16:30 Walk In Solution Center 東京 にて『Cephと比較して20倍高速!「DRBD SDS for OpenStack」の検証結果の報告/事例に見るSDS選択のポイントとは?』と題したセミナーが開催されました。当日は、北風が吹く中、熱心な方々にご来場いただき、お陰様で盛況のうちに終了することができました。ありがとうございました!...

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter