Zabbix(ザビックス)とは、オープンソースの統合監視ツールです。統合監視ツールとして必要な機能を網羅的に搭載しており、「サーバ」「ネットワーク」「アプリケーション」などを高度に集中監視し、「障害検知」「アラート通知」「パフォーマンス可視化」などを行えます。システム全体を1つのZabbixで監視できます。

オープンソースの運用管理・運用自動化/Zabbixとは

Zabbix(ザビックス)とは、オープンソースの統合監視ツールです。統合監視ツールとして必要な機能を網羅的に搭載しており、「サーバ」「ネットワーク」「アプリケーション」などを高度に集中監視し、「障害検知」「アラート通知」「パフォーマンス可視化」などを行えます。システム全体を1つのZabbixで監視できます。

■関連する比較ページ

「Zabbix」基本情報

■概要

Zabbix(ザビックス)とは、オープンソースの統合監視ツールです。サーバ/ネットワーク/アプリケーションなどを高度に集中監視し、アラート通知/パフォーマンス可視化などを行えます。

■基本説明

Zabbixは、統合監視ツールとして必要な機能を網羅的に搭載しており、監視/障害検知/通知機能などを行います。

多数のプラットフォームに対応可能であるため、システム全体を1つのZabbixで監視できます。

■経緯

Zabbixは、ラトビアの企業「Zabbix SIA」により開発されています。
・2004年、安定版バージョン1.0リリース

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Zabbix(Zabbixオフィシャル日本語サイト)

ライセンス情報

Zabbixのライセンスは「GNU General Public License (GPL) version 2」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Zabbix →Zabbixソフトウェア

ダウンロード

→Zabbix →Download Zabbix

導入事例

→Zabbix →導入事例

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Hinemos」「Pandora FMS」など。

「Zabbix」の主な特徴

■Zabbixの構成①「Zabbixサーバ」

Zabbixは、大きく3つのモジュールで構成されています。

「Zabbixサーバ」は監視システムの中心となるソフトウェアです。

収集したデータは、「Zabbixサーバ」のRDBMSに保存されます。Webインターフェースから確認したり、データに対して直接アクセスしての分析なども行えます。

主な機能

・監視設定
・監視実行
・収集データ保存
・閾値判定
・アラート通知 など

■Zabbixの構成②「Zabbixエージェント」

「Zabbixエージェント」は、監視対象サーバ上で動作して、監視情報を収集するモジュールです。

主なポイント

・監視対象サーバへのインストールが必要
・Zabbixサーバからの指示に従い「サーバ内部のリソース情報」「アプリケーションの稼働情報」などを収集
・「CPU」「メモリ」「ネットワーク」「ディスクスペース」「プロセス」などのパフォーマンス指標を収集
・収集した情報をZabbixサーバへ送信
・さまざまなOSに対応
・OSネイティブ動作→軽量で軽快な動作
・独自カスタムスクリプトでの監視機能のカスタマイズが可能

■Zabbixの構成③「Webインターフェース」

Webインターフェースで「監視データ表示」と「監視設定」を行えます。

主なポイント

・ブラウザでアクセス可能(専用クライアントソフトウェアのインストールは必要なし)
・スマートフォンやタブレットからでもアクセス可能
・システム全体のステータスを表示するダッシュボード
・高度なグラフ/マップ/レポート表示機能
・ネットワークマップの作成/表示機能

「Zabbix」の主な機能

■監視機能

「Zabbixエージェント」を監視対象サーバにインストールすれば詳細な監視データを収集できますが、それ以外の監視も可能です。「Zabbixエージェント」をインストールできないネットワーク機器などに対する監視にも対応できます。

利用可能な主な監視手法

・Zabbixエージェント
・SNMPエージェント(v1、v2、v3)
・シンプルチェック(ping死活監視、TCPポート監視)
・データベース監視(ODBCなどを利用)
・ハードウェア監視(IPMIを利用)
・Telnet/SSH経由の監視
・カスタムスクリプトによる監視
・Zabbixサーバ内部ステータス

■テンプレート機能

Zabbixでは、各種OS/機器向け設定項目「テンプレート」が多数用意されています。監視対象を登録してテンプレートを選択すれば、すぐに一通りの監視が行えます。

■障害通知機能

Zabbixは、柔軟な障害検知用「しきい値」設定が可能です。障害発生時には、リアルタイムで、管理者への通知を行えます。

主な障害通知方法

・メール送信
・SMS送信
・カスタムスクリプト実行(チケット管理システム連携、エスカレーション対応) など

 

参考元サイト

Zabbix最新TOPICS

【講演資料を公開】12/11【システム運用の効率化と、Zabbixによるクラウド・コンテナや、IoTの監視 ~そしてZabbix最新バージョン4.4の解説と、Zabbix5.0への道】(2020年01月10日 09:15)

2019/12/11(水)13:30~電気ビル共創館3F カンファレンスCにて 【システム運用の効率化と、Zabbixによるクラウド・コンテナや、IoTの監視 ~そしてZabbix最新バージョン4.4の解説と、Zabbix5.0への道~】 と題したセミナーが開催されました。 当日は、寒空のなか掲題にご興味をお持ちの58名もの方々にご来場頂くことができました。ありがとうございます。 ...

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

「一人情シス」を助けるAWSのはじめ方(移行・セキュリティ・運用編)

「今こそコロナ第2波への対策を!テレワークでの社内問い合わせ管理負荷から解放されませんか」 ~即日導入可能!ITIL準拠社内ヘルプデスクの活用方法~

クラウド活用だけで終われないBCP - ハイブリッドクラウド×AIOps -

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter