AWS CloudFormationとは、Amazon Web Servicesリソースをモデル化するプロビジョニングサービスです。テンプレートファイルからインフラストラクチャを構築し、依存関係の自動調整も行います。

Amazon Web Services/AWS CloudFormationとは

AWS CloudFormationとは、Amazon Web Servicesリソースをモデル化するプロビジョニングサービスです。テンプレートファイルからインフラストラクチャを構築し、依存関係の自動調整も行います。

「AWS CloudFormation」基本情報

概要

AWS CloudFormationとは、Amazon Web Servicesリソースをモデル化するプロビジョニングサービスです。テンプレートファイルからインフラストラクチャを構築し、依存関係の自動調整も行います。

基本データ

プラットフォーム AWS
クラウドサービス名 AWS CloudFormation
読み方 エーダブリューエス クラウドフォーメーション
略称 ---

基本説明

AWS CloudFormationは、JSON/YAML形式のテンプレートテキストから、スタック(リソースグループ)をデプロイします。

「AWSマネジメントコンソール」「AWS コマンドラインインターフェース」「API」を使用して、スタック単位でのリソース管理(更新/削除など)を行えます。

CloudFormationの主なメリット
  • AWSのリソース管理を簡略化できる
  • インフラリソースを素早く展開/複製できる
  • インフラリソースの制御/変更についても簡単に行える

TOPに戻る

主な特徴

テンプレートからインフラストラクチャ構築

ユーザーは、サンプルテンプレートを利用して、もしくは、独自テンプレートを作成して、「AWSリソース」および「そのアプリケーションを実行するために必要な関連するすべての依存関係や実行時のパラメータ」を記述します。

テンプレートを使用して AWS CloudFormationスタックを作成すると、「Auto Scalingグループ」「ロードバランサー」「データベース」などがプロビジョニングされます。

テンプレートはシンプルな「JSONフォーマット」または「YAMLフォーマット」のテキストファイルです。

テンプレートを繰り返し使用することで、同じスタックのコピーを作成できます。または、新しいスタックを開始するためのベースとして使用できます。

依存関係の自動調整機能

CloudFormationでは、「サービスのプロビジョニング順番」「その他の依存関係」などについて自動調整します。暗黙的に参照先のリソースを事前に作成するルールが適用されます。

属性設定により、明示的な依存関係定義も可能です。

バージョン管理

ソフトウェア開発でのバージョン管理と同じように、AWSインフラストラクチャに対するバージョン管理を適用できます。

GUIインターフェース「AWS CloudFormation Designer」

GUIインターフェース「AWS CloudFormation Designer」を利用できます。

テンプレートを「AWSリソースを表すアイコン」と「その関係を示す矢印」で可視化します。

ドラッグアンドドロップで、テンプレートの作成および編集が可能です。

多くのAWSリソースをサポート

AWS CloudFormation は、幅広いAWSリソースをサポートしているため、アプリケーションのニーズに合わせたAWSインフラストラクチャを構築できます。

TOPに戻る

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト
→AWS →AWS CloudFormation

料金情報
→AWS →AWS CloudFormation →料金

TOPに戻る

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

AWS CloudFormation最新TOPICS

最新情報はありません。

AWS CloudFormation最新CLOSEUPコラム

  • 20171130-netapp サイド
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter