CircleCIとは、継続的インテグレーション(デリバリー)サービスです。コミットからデプロイまでのパイプラインを作成し、継続的な統合/配信を使用してソフトウェア開発プロセスを自動化できます。

クラウドサービス/CircleCIとは

CircleCIとは、継続的インテグレーション(デリバリー)サービスです。コミットからデプロイまでのパイプラインを作成し、継続的な統合/配信を使用してソフトウェア開発プロセスを自動化できます。

「CircleCI」基本情報

概要

CircleCIとは、継続的インテグレーション(デリバリー)サービスです。コミットからデプロイまでのパイプラインを作成し、継続的な統合/配信を使用してソフトウェア開発プロセスを自動化できます。

基本データ

プラットフォーム クラウドサービス
クラウドサービス名 CircleCI
読み方 サークル シーアイ
略称 ---

基本説明

「CircleCI」は、継続的インテグレーションツール「Jenkins」と同様な機能を提供し、ビルド/テスト/デプロイなどについて自動実行できるサービスです。

「Jenkins」は自前でサーバを立てる必要がありますが、「CircleCI」はWebサービスであるため、登録するだけで使えるようになります。

GitHubなどのリポジトリサービスと連携させることで、「①リモートリポジトリにPush→②テスト実行→③成功したらデプロイ」という手順を実現できます。

主な機能

テスト

CircleCIは、クリーンコンテナ/仮想マシンでビルドを自動的にテストします。

「Seleniumなどによるブラウザ動作テスト」のようなUIテストなどを実行できます。

ビルド

「Android/iOSアプリのビルド」「Electronアプリのビルド」「Go言語のクロスコンパイル」などのビルドを実行します。

配布

GitHubなどのリポジトリサービスを使用して配布を行います。

デプロイ

アプリケーション実行プラットフォーム「heroku」などに対してデプロイを行います。

ドキュメント作成

コードから自動生成できる範囲のドキュメントを生成します。

TOPに戻る

主な特徴

バージョン管理システムとの統合

CircleCIは、GitHub/GitHub Enterprise/Bitbucketと統合されており、Pushのタイミングでビルドを作成します。

そのため、「任意のタイミング実行」には向いていません。

ビルド制御設定ファイル「circle.yml」

CircleCIでは、設定ファイル「circle.yml」にビルド制御を記述し、リポジトリのルートに配置します。

ジョブの実行(テスト/ビルド/デプロイなど)の実行方法を定義し記述しておくことにより、規定のタイミングで実行されます。

Jenkinsとは異なり「この設定ファイルのみですべて完結できる」点が特徴です。

コンテナベース

CircleCIは、コンテナの中でテスト/ビルド/デプロイを行います。

コンテナを増やすほど並列実行され速度を上げることが可能です。

また、コンテナに対してSSH接続を行えます。

ビジュアルダッシュボード

CircleCIには、インタラクティブなビジュアルダッシュボードが用意されています。

CircleCI上のすべてのビルドを確認でき、ビューのカスタマイズも行えます。

ホスティングオプション(クラウドorオンプレミス)

CircleCIは、「クラウド版」と「オンプレミス版」のホスティングオプションを選択できます。

クラウドサービス版
機能リリースへの即時アクセスと自動アップグレードにより、保守作業が軽減されます。

オンプレミス版
オンプレミスのプライベートサーバにCircleCIをインストールし、プライベートインフラストラクチャのファイアウォールの内側でCircleCIを実行できます。

サービス連携

CircleCIは、多くのサービスやツールとの連携が可能です。
・リポジトリサービス
・クラウドサービス
・テストツール
・デプロイツール
・通知ツール(Slack) など

TOPに戻る

同様サービス

同様な製品として、次のようなものがあります。

Jenkins」など

TOPに戻る

オフィシャルサイト

オフィシャルサイト
→CircleCI

料金情報
→CircleCI →Pricing

導入事例
→CircleCI →Case Studies

TOPに戻る

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

CircleCI最新TOPICS

最新情報はありません。

CircleCI最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter