Inkscape(インクスケープ)とは、ベクトル形式の画像を作成できる多機能なドローソフト(ベクターグラフィックスエディタ)です。オープンフォーマット「SVG」をネイティブサポートしており、商用ツールに匹敵する機能と拡張性を備えています。

オープンソースのInkscapeとは

Inkscape(インクスケープ)とは、ベクトル形式の画像を作成できる多機能なドローソフト(ベクターグラフィックスエディタ)です。オープンフォーマット「SVG」をネイティブサポートしており、商用ツールに匹敵する機能と拡張性を備えています。

■関連する比較ページ

「Inkscape」基本情報

■概要

Inkscape(インクスケープ)とは、ベクトル形式の画像を作成できる多機能なドローソフト(ベクターグラフィックスエディタ)です。オープンフォーマット「SVG」をネイティブサポートしています。

■基本説明

Inkscapeは、基本図形配置やマウス操作による自由曲線の描画などにより、ベクトル形式画像(ベクター画像)をプロフェッショナル品質で作成/編集できる洗練されたドローソフトウェアです。

ドロー系ツールとして有用な機能が多数盛り込まれています。「Adobe Illustrator」「CorelDRAW」などの商用ツールに匹敵する機能と拡張性を備えています。

開発目標

Inkscapeは以下の事項を目標として開発が行われています。
・「XML」「SVG」「CSS」などの標準に完全準拠
・フレンドリーでオープンでコミュニティ指向の開発プロセスの確立
・強力な機能を備えた軽量コア
・シンプルで使いやすいインターフェース

■経緯

・2003年 ベクトル画像編集ソフト「Sodipodi」からフォークして開発スタート
・2003年 初版リリース

■ユースケース

Inkscapeは、デザインプロフェッショナルからホビーユースまで、さまざまな用途のグラフィック創作のために利用されています。特に、ベクトル形式画像(ベクターデザイン)は、状況に応じてサイズ変更が要求されるアート制作に向いています。

・マーケティング/ブランディング
・エンジニアリング/CAD
・Webグラフィックス
・マンガ制作
・グラフや活字を利用した誌面デザイン
・ラインアート
・イラスト
・アイコン
・ロゴ
・ダイアグラム
・チャート
・マップ
・Web画像 など

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Inkscape

ライセンス情報

Inkscapeのライセンスは「GNU General Public License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Inkscape →Software License

動作環境

Inkscapeは、「Windows」「Mac OS X」「各種Linuxディストリビューション」で動作します。

ダウンロード

→Inkscape →download

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「GIMP」「Krita」など。

Inkscape最新TOPICS

最新情報はありません。

Inkscape最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

暗号通貨 NEM 共同創業者が仕掛ける、スマートコントラクト基盤「TomoChain」とは?

人材不足を克服しビジネスを拡大させた、住宅メーカーの事例 ~ベトナム人材の活用(オフショア開発/採用支援/現地法人設立)~

脱下請けにも有効、オープンソース・ビジネス解説(ビジネスモデルと事例)<OSSNews広告枠プレゼント特典付き>

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter