GIMP(ギンプ、ジンプ)とは、高機能な画像編集ツール(イメージエディタ)です。オープンソースフリーソフトでありながら、有料グラフィック編集ソフトウェアに匹敵するレベルの機能を備えています。

オープンソースのGIMPとは

GIMP(ギンプ、ジンプ)とは、高機能な画像編集ツール(イメージエディタ)です。オープンソースフリーソフトでありながら、有料グラフィック編集ソフトウェアに匹敵するレベルの機能を備えています。

基本情報

概要

GIMP(ギンプ、ジンプ)とは、高機能な画像編集ツール(イメージエディタ)です。オープンソースフリーソフトでありながら、有料グラフィック編集ソフトウェアに匹敵するレベルの機能を備えています。

基本説明

GIMPとは「GNU Image Manipulation Program」の略称から取られています。

クロスプラットフォームで利用できます。
・Linux
・Mac
・Windows など

TOPに戻る

主な特徴

画像編集機能

GIMPは高品質の画像操作を行えます。
・レイヤー
・トーンカーブ
・ヒストグラム
・ブラシ
・エフェクト
・モザイク編集
・フィルタ機能
・アニメーション合成(GIFアニメーション) など

カラー管理機能

GIMPは、カラーマネジメントに対応し、忠実度の高い色再現が可能です。
・カラープロファイルの割り当て(埋め込み)
・プロファイルが埋め込まれた画像のカラーを適切に画面上で確認するための仕組み
・CMYK出力時の色味をシミュレートするソフトプルーフ機能

CMYK対応

CMYKとは、色の表現方式で「シアン(Cyan)」「マゼンタ(Magenta)」「イエロー(Yellow)」「ブラック(BlacK)」の4色ですべての色を表現する方式です。
GIMPはCMYKをサポートしていませんが、プラグインを導入することで、CMYKへの変換が可能です。

スクリプト機能「Script-Fu」

GIMPは、スクリプト機能「Script-Fu」実装しています。スクリプトを組むことにより、バッチ処理での画像加工も可能です。強力な画像編集機能を使用する処理を自動化できます。

使用可能プログラミング言語
・Lisp(標準)
・Perl
・Python
・Ruby
・C
・C++
・Scheme など

GIMPコミュニティが作成した多くのスクリプトが用意されています。
・「3D screenshot」 写真を立体化機能
・「Pandora」 パノラマ写真合成機能 など

プラグイン

GIMPは、プラグインによる機能拡張が可能です。Photoshop用プラグインも利用できます。

多くのプラグインが用意されています。
・「G’MIC」 画像加工フィルター機能
・「Liquid Rescale」 画像の一部のみ拡大縮小
・「Save for Web」 Web用に画像を保存
・「The Texturize plugin」画像をきれいに拡大

TOPに戻る

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Inkscape」「MyPaint」など。

TOPに戻る

導入事例

GIMPは、多くのLinux系OSにデフォルトで同梱されています。

TOPに戻る

ライセンス情報

GIMPのライセンスは「GNU General Public License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→「GIMP」オフィシャルサイト →About GIMP

TOPに戻る

ダウンロード

→「GIMP」オフィシャルサイト →Downloads

TOPに戻る

参考元サイト

・「GIMP」オフィシャルサイト
・Wikipedia →GIMP
・synclogue navi →GIMP の使い方
・synclogue navi →GIMP にプラグインを追加する方法と厳選無料プラグイン6選
・窓の杜 →GIMP
・高機能フリーグラフィックソフト GIMP2を使おう! →GIMPでCMYK変換

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

GIMP最新TOPICS

最新情報はありません。

GIMP最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter