GlassFish(グラスフィッシュ)。オープンソースのアプリケーションサーバ。サンによるJ2EE準拠のアプリケーションサーバ実装プロジェクトの名称

GlassFishとは

GlassFish(グラスフィッシュ)。オープンソースのアプリケーションサーバ。サンによるJ2EE準拠のアプリケーションサーバ実装プロジェクトの名称

GlassFishの導入メリット

GlassFish(グラスフィッシュ)とは、オープンソースのJava EEアプリケーションサーバのこと。内部にさまざまな機能のコンテナを備えて、ウェブ上で動作する業務システムの開発・構築・運用までの工程を網羅的に一括管理することが可能となります。

豊富なコンテナ群が広範かつ容易に実現する拡張性、毎週と言えるくらいの頻繁なアップデート、安定した挙動、さらにはサーバ構築のデファクトスタンダードであるJ2EEリファレンス実装による業務フローの短縮化・一本化・コスト削減など、GlassFish(グラスフィッシュ)導入のメリットは、枚挙に暇がありません。

NetBeansの同時導入を検討している、あるいは、NetBeansをすでに導入している環境の方であれば、GlassFish(グラスフィッシュ)同梱版も用意されているので、合わせて検討してみることをオススメします。

TOPに戻る

GlassFishの特長

GlassFish(グラスフィッシュ)は、次のような特長があります。

  • 業務システムの開発・構築・運用をワンストップで管理
  • さまざまな機能を付与する豊富なコンテナ群
  • J2EEのリファレンスを実装
  • 更新頻度が多く最新の技術をすぐに導入できる
  • NetBeansとのシームレスな連携

TOPに戻る

こんなお客さまにGlassFishの導入をオススメ

次のようなお客様に、GlassFish(グラスフィッシュ)の導入をオススメします。

  • 開発・構築・運用の業務フローを一本化したい
  • 基幹システムにも対応する信頼性が必須だ
  • 将来性のあるアプリケーションサーバを長く使いたい
  • 機能の頻繁な追加・更新を考えている
  • NetBeansなど総合開発環境(IDE)の導入・連携も考えている

TOPに戻る

GlassFishのライセンス

LICENCEGlassFish(グラスフィッシュ)ソフトウェアは、CDDLライセンスです。
ソフトウェアのコピーや配布、ソースコードの公開を原則として、ソースコードの自由な改変も認められています。

TOPに戻る

GlassFishの導入事例

GlassFishは、オープンソースのアプリケーションサーバソフトウェアとして、さまざまな規模の企業システムでの導入実績が増えています。

TOPに戻る

GlassFishのダウンロード

GlassFish ダウンロードページ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

GlassFish最新TOPICS

【OSS】アプリケーションサーバ「GlassFish」、概要/環境構築方法の解説(2016年07月20日 13:03)

オープンソースのアプリケーションサーバ「GlassFish」の概要/環境構築方法について解説。 【GlassFish】 →OSSNews →OSS情報 →GlassFish http://www.ossnews.jp/oss_info/glassfish 【テーマ】 ・GlassFishをインストールすればJava EEもインストールされるんだね ・GlassFishサーバーを...

GlassFish最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)

OSS×Cloud ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter