Alfresco(アルフレスコ)とはオープンソースのECM製品です。エンタープライズレベルのコンテンツ管理機能とビジネスプロセス管理機能を提供します。

オープンソースのドキュメント管理/Alfrescoとは

Alfresco(アルフレスコ)とはオープンソースのECM製品です。エンタープライズレベルのコンテンツ管理機能とビジネスプロセス管理機能を提供します。

「Alfresco」基本情報

■概要

Alfresco(アルフレスコ)とはオープンソースのECM製品です。エンタープライズレベルのコンテンツ管理機能とビジネスプロセス管理機能を提供します。

■基本説明

Alfrescoは、Javaテクノロジを使用して開発された情報管理ソフトウェアスイートです。

Alfrescoプラットフォームでは「ビジネスドキュメント」「スキャナで取り込んだ画像データ」「写真データ」「設計図データ」「動画ファイル」など、あらゆる種類のコンテンツを完全に管理できます。エンタープライズコンテンツ管理機能により、全社レベルでの共同コンテンツ管理を実施できます。

また、Alfrescoに内蔵されているワークフロー機能により、さまざまなドキュメントを多用するビジネスプロセスを自動化して、ビジネスの正確性や効率性を向上できます。

■「ECM」とは

CMSとは

一般的なコンテンツ管理システムは「CMS(Content Management System)」と呼ばれます。

Webコンテンツなどを構成する「テキスト情報」「画像データ」「レイアウトデータ」などを一元的に管理して、サイトの構築や編集を行う基本的な機能がメインとなります。

ECMとは

「ECM(Enterprise Content Management)」は「エンタープライズ向けコンテンツ管理」を意味し、CMSの上位機能に位置づけられます。

管理対象コンテンツはWebサイト用コンテンツに限定されずに、各種データをリレーショナルデータベースのようにリンクして管理できます。

このリンク機能により、対象サイトごとに「アクセス管理」や「バージョン管理」などについて詳細に管理でき、さまざまなデータを効率的に利用できます。

■経緯

2005年、Alfrescoは商用ECM製品「Documentum」をベースにして開発され、世界初のオープンソースECM製品として誕生しました。

初期段階から商用製品に匹敵するECMとして開発され、以降、さまざまな機能強化が繰り返されています。

■導入事例

Alfrescoは、オープンソースECM分野で世界市場シェア1位を誇っており、豊富な導入実績があります。
・公的機関---「NASA」「イギリス国防省」「欧州司法裁判所」
・日本企業---「野村証券」「日本航空インターナショナル」 など

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Alfresco →Alfresco Communityエディション

ライセンス情報

Alfrescoのライセンスは「the Lesser Gnu Public License (LGPL) v3」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Alfresco →Open Source Licensing

ダウンロード

→Alfresco →Alfresco Content Services Communityをお試しください

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「NemakiWare」など。

Alfresco最新TOPICS

【講演資料を公開】1/18 AWSで12億ドキュメントをも管理可能な「Alfresco」のご紹介とデモンストレーション(2019年02月17日 09:15)

2019年01月18日(金)株式会社ヴィセント 神田オフィス会議室 にて『AWSで12億ドキュメントをも管理可能な「Alfresco」のご紹介とデモンストレーション』と題したセミナーを開催しました。 当日は、株式会社理経様をゲストにお迎えし、「FinalCodeでAlfrescoがセキュアに使える」という観点からお話を頂きました。質疑応答の場面では様々な質問が飛び交い、ご参加の皆さまの熱意が伝わ...

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter