kintoneとは、Webデータベース型ビジネスアプリ構築クラウドサービスです。「cybozu.com」プラットフォーム上のサービスで、ドラッグ&ドロップで簡単にさまざまなビジネスアプリを作成できます。

クラウドサービス/kintoneとは

kintoneとは、Webデータベース型ビジネスアプリ構築クラウドサービスです。「cybozu.com」プラットフォーム上のサービスで、ドラッグ&ドロップで簡単にさまざまなビジネスアプリを作成できます。

基本情報

概要

kintoneとは、Webデータベース型ビジネスアプリ構築クラウドサービスです。「cybozu.com」プラットフォーム上のサービスで、ドラッグ&ドロップで簡単にさまざまなビジネスアプリを作成できます。

基本情報

プラットフォーム cybozu.com
クラウドサービス名 kintone
読み方 キントーン
略称 ---

基本説明

kintoneは、直感的にビジネスアプリを作成できるサービスです。チームにおける情報共有のための社内SNS機能も備えています。

従来のアナログ業務プロセス(紙媒体/Excelファイルベース)を、効率的なワークフローに切り替えることにより、大幅な業務改善を見込めます。

経緯

2011年、サービスが提供開始されました。

TOPに戻る

主な特徴

アプリ

ビジネスアプリをドラッグ&ドロップで簡単に作成できる機能です。簡単なアプリであれば3分程度の時間で作成できます。

「売上情報」「顧客情報」「問い合わせ対応履歴」「ToDoリスト」「各種報告書」「各種文書ファイル」「Excelファイル読み込み機能」などの、さまざまなアプリを作成できます。データのグラフ表示なども簡単に作成できます。

各データにリンクする業務プロセスについても柔軟な構築が行なえます。また、アクセス権限設定も可能です。

kintoneアプリストア

「kintone アプリストア」には、便利なアプリが豊富に用意されており、簡単に利用できます。
・見積アンケート
・ワークフロー
・日報
・顧客リスト
・案件管理
・タイムカード
・総務依頼
・備品管理
・研修受講管理
など

スペース

「スペース」は、チーム単位(全社用/部門用/プロジェクト用など)でのコミュニケーション機能です。スペースを作成後、参加者同士での情報共有を行えます。

社外メンバーも参加できる「ゲストスペース」も作成可能です。企業間共同プロジェクトの情報共有スペースとしても利用できます。

ピープル

「ピープル」は、「ユーザ同士の直接連絡」「アイデア共有」などに利用できる機能です。

「自分をフォローしているユーザ向けに情報を発信する」などのSNSツールとしての使い方も可能です。

ポータル

「ポータル」はkintoneのトップページです。

「アプリ起動」「スペース移動」「通知確認」などを行えます。

モバイル対応

スマートフォンWebブラウザ/スマートフォン用アプリ「kintoneモバイル」からkintoneを使用できます。

カスタマイズ

JavaScript/プラグインを使用した高度なカスタマイズも可能です。

サービス連携

各種API/CSVファイル入出力機能を使用して、他サービス/他システムとの連携が可能です。

「作業自動化サービス」「帳票ソリューション」「出張費/交通費精算サービス」「プロジェクト管理ツール」など、多くのサービスと連携できます。

国産サービス

kintoneは、日本製であることも特徴です。ドキュメント/各種情報を日本語で参照できるのはメリットです。

また、データセンターも国内に存在し、東日本/西日本でバックアップ構成になっています。

セキュリティ/信頼性/保全性

サイボウズ社では、「多重バックアップシステム」「ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証」などにより、セキュア向上に努めています。

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

「Salesforce」「Zoho Creator」

TOPに戻る

導入事例

オフィシャルサイトで導入事例が紹介されています。
→事例から学ぶ

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

kintone最新TOPICS

最新情報はありません。

kintone最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

フォレスターによる調査レポート「サービスとしてのデータベース (2017 年第 2 四半期)」AWS社提供

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter