Cloud Foundry(クラウドファウンドリー)とは、Kubernetes上でクラウドネイティブアプリケーションを構築するためのオープンソースPaaS(Platform as a Service)プラットフォームです。インフラ環境の「複雑な構成管理」や「日常的運用タスク」を除去できるため、アプリケーションの機能開発部分に注力できます。

オープンソースのクラウド基盤/Cloud Foundryとは

Cloud Foundry(クラウドファウンドリー)とは、Kubernetes上でクラウドネイティブアプリケーションを構築するためのオープンソースPaaS(Platform as a Service)プラットフォームです。インフラ環境の「複雑な構成管理」や「日常的運用タスク」を除去できるため、アプリケーションの機能開発部分に注力できます。

概要

Cloud Foundry(クラウドファウンドリー)とは、Kubernetes上でクラウドネイティブアプリケーションを構築するためのオープンソースPaaS(Platform as a Service)プラットフォームです。インフラ環境の「複雑な構成管理」や「日常的運用タスク」を除去できるため、アプリケーションの機能開発部分に注力できます。

基本説明

Cloud Foundryは、選択した任意の「クラウド」「フレームワーク」「言語」で、クラウドネイティブアプリをすばやく簡単に「構築」「テスト」「デプロイ」「スケーリング」できるクラウドアプリケーションプラットフォームとして、非常に効率的な最新モデルを提供します。

Cloud Foundryを使用することで、アプリを動作させるためのインフラストラクチャ環境に関する「構成」「管理」「保守」「運用」などに関連するコストと複雑さを取り除けます。

「PaaS」とは

「PaaS(Platform as a Service)」とは、アプリケーション動作基盤(プラットフォーム)をサービスとして提供する仕組みを指します。

PaaSサービスを利用することで、「インフラ部分」+「その上のレイヤー部分」までまとめて自動化することが可能になります。

開発者が主に管理するのは「アプリケーション+データのみ」でよくなるため、アプリケーション開発に専念できます。

経緯

2009年、VMwareの小さなチームが、企業向けサービスプラットフォーム「ProjectB29」を開発しました。

その後、プロジェクト名は「CloudFoundry」に変更され、大きく発展し、数多くのグローバル企業が支援しています。

→cloudfoundry.org →cloud-foundry-foundation-turns-5

オフィシャルサイト情報

■オフィシャルサイト

→cloudfoundry.org

■GitHub

→github.com →cloudfoundry

■主要開発元

Cloud Foundryは、Cloud Foundry Foundationが中心となり開発が進められています。

→cloudfoundry.org →foundation

■ライセンス情報

Cloud Foundryのライセンスは「Apache License 2.0」です。

■チュートリアル

→tutorials.cloudfoundry.org

■導入事例

「多くのグローバル企業」や「Fortune500の半数以上」がCloudFoundryを使用して、数多くの優れたクラウドネイティブアプリを開発しています。

→cloudfoundry.org →user-stories

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Kubernetes」など。

Cloud Foundry最新TOPICS

【OSS】主要オープンソースPaaSプラットフォーム概要解説---Cloud Foundry、OpenShift、Cloudify(2018年08月08日 11:03)

主要オープンソースPaaSプラットフォームの概要について解説。 PaaSとは PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)とは、アプリケーションの開発および起動に関連するインフラストラクチャの構築と維持を複雑にすることなく、顧客がアプリケーションを開発/実行/管理するためのプラットフォームを提供するクラウドコン...

Cloud Foundry最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

2021/03/04 セキュリティDAYS Keyspider資料

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

AWS運用をアウトソースする3つのメリットを解説! ~コスト削減、人材リソース確保、安定稼働を実現するAWS運用支援サービスのご紹介~

【サービス提供事業者向け】機能性AI-OCR技術で非定型でも手書でも高精度でデータ化する

倉庫業務の効率化、人的ミスの削減や作業品質の向上をどう実現するか? ~IoTを活用した倉庫・物流施設のDX事例~

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter