Anaconda(アナコンダ)とは、「データサイエンス」や「機械学習関連アプリケーション」のためのPythonおよびR言語用のディストリビューションです。

オープンソースのAnacondaとは

Anaconda(アナコンダ)とは、「データサイエンス」や「機械学習関連アプリケーション」のためのPythonおよびR言語用のディストリビューションです。

「Anaconda」基本情報

■概要

Anaconda(アナコンダ)とは、「データサイエンス」や「機械学習関連アプリケーション」のためのPythonおよびR言語用のディストリビューションです。

■基本説明

Anacondaは、「Python本体」+「各種データサイエンスライブラリ」などをまとめたPythonパッケージで、パッケージの管理と展開の容易性を目指しています。

Python/R言語用に用意されている1400以上のデータサイエンスパッケージを簡単にインストールでき、ワンクリックで依存関係や環境を管理できます。

必要とするライブラリを1つずつインストールする手間を省くことができ、データサイエンスや機械学習を行うための環境を即座に構築できます。

■動作環境

Anacondaには「Windows」「Linux」「macOS」に適した各種データサイエンスパッケージが含まれています。

■経緯

・2012年 初版リリース

■ユースケース

・お気に入りのIDEでデータサイエンス---Jupyter、JupyterLab、Spyder、RStudio
・データ分析---Dask、numpy、pandas、Numba
・データ視覚化---Matplotlib、Bokeh、Datashader、Holoviews
・機械学習モデル作成---Scikit-learn、Tensorflow、h20、Theano など

主な特徴

■データサイエンスライブラリ

1400以上のデータサイエンスパッケージが用意されています。

オープンソースのデータパッケージは、「Anacondaリポジトリからconda installコマンドによる個別インストール」や「Anacondaとともにpip installされたコマンドを使用して個別インストール」も行えます。

■パッケージマネージャー「Conda」

Anacondaのパッケージバージョンはパッケージマネージャー「Conda」によって管理されます。

言語間の依存関係に対応し、すべてのパッケージを自動的に管理できます。

https://conda.io/docs/

■デスクトップGUI「Anaconda Navigator」

Anaconda Navigatorは、コマンドラインコマンドを使用せずに、アプリケーションを起動し、「パッケージ」「環境」「チャネル」などを簡単に管理できるグラフィカルユーザーインターフェースです。

https://anaconda.org/anaconda/anaconda-navigator

■Anacondaパッケージ管理サービス「Anaconda Cloud」

Anaconda Cloudは、Anacondaのパッケージ管理サービスです。

「Conda」や「PyPIパッケージ」などについて「検索」「アクセス」「保存」「共有」できるクラウド環境で、さまざまなアプリケーションに役立つPythonパッケージをホストします。

https://anaconda.org/

補足情報

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「virtualenv」「Miniconda」など。

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト

→Anaconda

ライセンス情報

Anacondaのライセンスは「the 3-clause BSD License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Anaconda →Anaconda End User License Agreement

ダウンロード

→Anaconda →Anaconda Distribution

導入事例

→Anaconda →Collaborate, Govern and Scale

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Anaconda最新TOPICS

最新情報はありません。

Anaconda最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

第2回「多要素認証の種類と方法」

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 勉強会
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter