UroboroSQL(ウロボロスキュール)とは、JavaのシンプルなSQL実行ライブラリです。「SQL中心設計思想」「2way-SQL方式」「REPL」「カバレッジレポート出力機能」などの特徴があります。

オープンソースのUroboroSQLとは

UroboroSQL(ウロボロスキュール)とは、JavaのシンプルなSQL実行ライブラリです。「SQL中心設計思想」「2way-SQL方式」「REPL」「カバレッジレポート出力機能」などの特徴があります。

基本情報

概要

UroboroSQL(ウロボロスキュール)とは、JavaのシンプルなSQL実行ライブラリです。「SQL中心設計思想」「2way-SQL方式」「REPL」「カバレッジレポート出力機能」などの特徴があります。

基本説明

UroboroSQLは、SQLを中心として捉えて開発効率性を向上させるSQL実行ライブラリです。

経緯

UroboroSQLは、フューチャーアーキテクト社によりオープンソース公開されました。

TOPに戻る

主な特徴

設計思想「SQL中心」

uroboroSQLは「SQL中心の設計コンセプト」を採用しています。

主なポイント
・「Javaを中心に考えてSQLを組み立てる」ではなく「SQLに足りない部分をJavaで補う」という思想
・複雑かつDBプロダクト依存のSQL(分析関数の利用など)に有効

開発チームコメント
・『SQLの能力を最大限活かしつつ、生産性と品質を高めたい』
・『複雑なSQLが必要になるエンタープライズでの利用を最適なものにしたい』
・『事前にコンパイルできないSQLを高い生産性と品質で作りたい』

2Way-SQL方式

uroboroSQLは「2Way-SQL方式」での記述が可能です。

2Way-SQL方式では、2つのSQL実行方法が可能です。
1.SQLをクライアントツールで実行
2.SQL文を保存したファイルを読み込んで実行

実行テストを行いながら、コメントを埋め込んでいくことにより、生産性が向上する利点があります。

REPL(対話型評価環境)搭載

uroboroSQLでは「REPL(対話型評価環境)」を搭載しています。

IDEなどのコンソールから、SQLを修正しながら、コンパイルなしで実行/即デバッグが可能です。

区分値サポート機能

SQLファイル内で、「定数クラス」や「列挙体」を指定することにより、シンプルに呼び出し実装を行えます。

「カバレッジレポート」出力機能

uroboroSQLでは、テスト実行時のログを解析して「カバレッジレポート」(コードのテスト網羅率レポート)を出力できます。

SQLフォーマットツール「UroboroSQL formatter」

SQLインデント自動フォーマットツール「UroboroSQL formatter」が提供されています。

テキストエディタ「SublimeText3」のプラグインとして利用できます。

→GitHub →future-architect →Sublime-uroboroSQL-formatter

TOPに戻る

ライセンス情報

UroboroSQLのライセンスは「MIT License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →future-architect →uroborosql →LICENSE

TOPに戻る

ダウンロード

→GitHub →future-architect →uroborosql

TOPに戻る

参考元サイト

・「UroboroSQL」オフィシャルサイト
・SlideShare →uroboroSQLの紹介 (OSC2017 Tokyo/Spring)
・フューチャーアーキテクト →TechBlog →SQL開発者を幸せにする!? Sublime Text 3でも使える uroboroSQL Formatter を公開しました

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

UroboroSQL最新TOPICS

最新情報はありません。

UroboroSQL最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)

OSS×Cloud ACCESS RANKING

  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter