OpenOLAP(オープンオーラップ)。PostgreSQLを利用した、多次元データベース(OLAP)システム

オープンソースのBIツール/OpenOLAPとは

OpenOLAP(オープンオーラップ)。PostgreSQLを利用した、多次元データベース(OLAP)システム

OpenOLAPの導入メリット

OpenOLAP(オープンオーラップ)は、販売実績や期間など業務データを集計し、製品別・顧客別・期間別といった多角的な切り口で管理・分析するためのオープンソースのデータベースシステム。

売上報告、市場分析、予算作成などのシーンで使われる分析ツール(OLAP)は、経営者にとってなくてはならない重要なツールでありながら、従来は導入コストが高く、一部の大手企業以外にとってなかなか手を出しづらい存在でした。

しかし、動作に必要なミドルソフトウェアも含め極めて低いコストでOLAPの利用環境を実現できるOpenOLAP(オープンオーラップ)の登場により、中小規模企業の経営は劇的に改善されることでしょう。

TOPに戻る

OpenOLAPの特長

OpenOLAP(オープンオーラップ)は、次のような特長があります。

  • 従来は高価だったOLAPツールが低コストで導入できる
  • データの管理・分析を多元的に行える
  • 企業の予算管理から戦略策定まで幅広く活用できる
  • OLAPの動作に必要なミドルソフトウェアも無料で同梱
  • データベース管理に同じくオープンソースのPostgreSQLまたはMySQLを利用

TOPに戻る

こんなお客さまにOpenOLAPの導入をオススメ

次のようなお客様に、OpenOLAP(オープンオーラップ)の導入をオススメします。

  • 金銭的な理由でOLAPの導入をためらっていた
  • データ分析にかかわるコストを削減したい
  • データの視覚化により予算管理を見直したい
  • 多元的なデータ分析を自社の戦略策定に活かしたい
  • データをカンタンに表・グラフ化したい

TOPに戻る

OpenOLAPのライセンス

LICENCEOpenOLAP(オープンオーラップ)ソフトウェアは、LGPL(※)ライセンスです。
ソフトウェアのコピーや配布、ソースコードの公開を原則として、ソースコードの自由な改変も認められています。

※GNU Lesser General Public Licenseの略。

TOPに戻る

OpenOLAPの導入事例

OpenOLAPは、オープンソースの分析ツールとして注目されましたが、現在のBI導入の潮流はJaspersoftやEclipse BIRTへとシフトしています。

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

OpenOLAP最新TOPICS

最新情報はありません。

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter