Google Cloud DNSとは、マネージド権威DNS(ドメインネームシステム)サービスです。非常に高い可用性を提供します。

Google Cloud Platform/Google Cloud DNSとは

Google Cloud DNSとは、マネージド権威DNS(ドメインネームシステム)サービスです。非常に高い可用性を提供します。

「Google Cloud DNS」基本情報

■概要

Google Cloud DNSとは、マネージド権威DNS(ドメインネームシステム)サービスです。非常に高い可用性を提供します。

基本データ

プラットフォーム Google Cloud Platform
クラウドサービス名 Google Cloud DNS
読み方 グーグル クラウド ディーエヌエス
略称 ---

「権威DNSサーバ」と「キャッシュDNSサーバ」の違い

「DNSサーバ」とは、インターネットに公開されているサーバホスト名の名前解決を行います。

「権威DNSサーバ」とは、それぞれのドメイン名に関する完全な情報を持つDNSサーバです。「権威ネームサーバ」や「コンテンツサーバ」とも呼ばれます。

「キャッシュDNSサーバ」とは、権威DNSサーバが保有する情報の一部についてキャッシュ的に保持するDNSサーバです。負荷分散のためなどに使用されます。

基本説明

Google Cloud DNSは「権威DNSサービス」です。

「高信頼性」「高可用性」「低レイテンシ」に優れたDNSサービスをGoogleの世界的ネットワークから提供します。

Google Cloud DNSでは、Webベースの管理画面で「ゾーン作成」や「レコード追加」などの作業を簡単に行なえます。

TOPに戻る

■主な特徴

大規模DNS

Google Cloud DNSは、Googleのインフラストラクチャを利用して、高品質で大規模な権威DNSサービスを実現します。

Google Cloud DNSは、「非常に多くのゾーン」と「各ゾーンでの非常に多数のDNSレコード」を処理できます。百万単位のゾーンやDNSレコードにも対応できます。

低レイテンシ(エニーキャスト)

Google Cloud DNSは、ネットワークのアドレッシング/ルーティング手法「エニーキャスト」を使用しています。

エニーキャストを使用することで、全世界の複数のロケーションからマネージドゾーンをサポートし、高い可用性を提供します。

リクエストは最も近いロケーションに自動的にルーティングされるため、レイテンシが低減され、ユーザーの権威名の検索パフォーマンスが改善されます。

可用性100%

Google Cloud DNSでは、Google社が自社サービス用として世界中にあるDNSサーバを使用し、あらゆる地域からのDNSルックアップをサポートしているため、高い拡張性/可用性があります。

SLA(Service Level Agreement)は、Google社の権威ネームサーバについて「100%」の可用性を保証しています。

自動スケーリング

Google Cloud DNSは、自動スケーリングを行い、非常に多くのDNSゾーンやレコードに対応し、数百万ものDNSレコードについて確実に作成/更新できます。

セキュリティ「マネージドDNSSEC」

Google Cloud DNSは、「マネージドDNSSEC」をサポートしており、「なりすまし攻撃」「キャッシュ汚染攻撃」などからドメインを保護します。

TOPに戻る

■同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

AWS「Amazon Route 53」、Azure「Azure DNS」など

TOPに戻る

■オフィシャルサイト

オフィシャルサイト
→Google Cloud Platform →CLOUD DNS

料金情報
→Google Cloud Platform →CLOUD DNS →料金

TOPに戻る

 

参考元サイト

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Google Cloud DNS最新TOPICS

最新情報はありません。

Google Cloud DNS最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

AWS におけるマイクロサービス

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • 勉強会
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter