「Corosync」の開発経緯として、「OpenAISプロジェクト」「Corosync Cluster Engineプロジェクト」について紹介。

「Corosync」の開発経緯

「Corosync」の開発経緯として、「OpenAISプロジェクト」「Corosync Cluster Engineプロジェクト」について紹介。

「OpenAIS」プロジェクト

Corosyncは「OpenAIS」プロジェクトから派生して開発がスタートし、「Service Availability Forum API」を実装するために運営されました。

いくつかのAPIを開発した6年後、「APIを実行するインフラストラクチャを作成する」という難しいタスクに夢中になっていることがわかりました。

「プロセス間通信」「ネットワークプロトコル」「リカバリ同期」「タイマー」「ロギング」「トレース」「その他のコンポーネント」などのインフラストラクチャは、APIを実装するよりも難しいことが判明しました。

「Corosync Cluster Engine」プロジェクト

■プロジェクト設立

「Corosync Cluster Engine」プロジェクトは、クラスタインフラストラクチャが独自のプロジェクトと独自のコミュニティに値するという現実を認識するために設立されました。

プロジェクトは、「OpenAIS」「Pacemaker」「Apache Qpid」を使用した経験を通じて特定したすべてのギャップを満たし、弾力性のあるコンパクトなデザインを作成することを優先しました。

■コードベース統合

プロジェクト進行過程で、さまざまなクラスタインフラストラクチャコミュニティやユーザーを1つのコードベースに統合する試みを行いました。

Corosync実装では、「OpenAIS」のコードの80%を再利用しました。残りの20%は、主にCorosyncのAPIに集中しました。

■Corosyncフィールドの展開

「OCFS2およびGFSファイルシステム統合レイヤー」「CLVM」「Pacemaker」「Apache Qpid」などの他のプロジェクトは、Corosyncのフィールド展開をさらに拡大し、大規模な展開コミュニティを通じてその品質を直接改善しました。

■OpenAIS開発を完全停止

「Corosync 2.x」では、十分にテストされた小規模なコアサービスセットに焦点を当てることを決定し「OpenAIS」の開発を完全に停止しました。

Corosync最新TOPICS

最新情報はありません。

Corosync最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

ITサービス事業者が抑えておくべきクラウド基盤の選び方とは?

AWSのコストが増大する主な要因とは?

テレワークでの、主要ツールの選択 (ビジネスチャットとオンラインストレージ)

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter