Draft(ドラフト)とは、「Docker」コンテナデプロイサポートツールです。Microsoftが提供しています。「Kubernetes」クラスタ上へのデプロイと継続的インテグレーション機能を提供します。

オープンソースの運用管理・運用自動化/Draftとは

Draft(ドラフト)とは、「Docker」コンテナデプロイサポートツールです。Microsoftが提供しています。「Kubernetes」クラスタ上へのデプロイと継続的インテグレーション機能を提供します。

■関連する比較ページ

「Draft」基本情報

概要

Draft(ドラフト)とは、「Docker」コンテナデプロイサポートツールです。Microsoftが提供しています。「Kubernetes」クラスタ上へのデプロイと継続的インテグレーション機能を提供します。

基本説明

Draftを使用すると、Kubernetesクラスタ上で動くコンテナベースアプリケーションの開発工程を簡素化できます。

開発者は、Docker/Kubernetesの管理作業から解放され、アプリケーション開発に専念できます。

「Kubernetes」とは

「Kubernetes(クーベルネイテス)」とは、Dockerコンテナ群管理フレームワークです。コンテナ群のデプロイ/オーケストレーション/クラスタリング管理/運用管理などの各機能を提供します。
→OSS×Cloud News →オープンソースの運用管理・運用自動化/Kubernetesとは

経緯

Draftは、2017年5月、オープンソース公開されました。

TOPに戻る

主な特徴

Draftのターゲット

Draftは、開発者のワークフローである「インナーループ」をターゲットしています。

「インナーループ」とは「コード記述中状態(バージョン管理コミット前)」を意味しています。

2ステップでKubernetesへデプロイ

Draftを使用すると、2つのコマンドのみで、Kubernetesへのデプロイを行えます。

ステップ①「draft create」
1. Draftが対象アプリケーション言語を検知
2.「Dockerファイル」と「Kubernetes用パッケージマネージャHelmに対応したパッケージング」をソースツリー出力

ステップ②「draft up」
1. Dockerファイルを基にビルドを実行
2. Kubernetesへデプロイ

継続的インテグレーション

Draftでデプロイされたコンテナアプリケーションのコードをローカル環境で修正すると、継続的インテグレーションが行われます。
1. 自動的にKubernetesへデプロイ
2. バージョン管理システムにコミットしてプッシュ

Docker/Kubernetesのインストール不要

Draftを使用する場合、ローカル開発環境にDocker/Kubernetesのインストールは必要ありません。

サポート言語

主要な開発言語をサポートしています。
Python
Node.js
・Java
Ruby
PHP
Go

TOPに戻る

同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Paus」「Rancher」など。

TOPに戻る

ライセンス情報

Draftのライセンスは「MIT License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →Azure →Draft →LICENSE

TOPに戻る

ダウンロード

→GitHub →Azure →Draft

TOPに戻る

参考元サイト

・GitHub →Azure →Draft
・Azure →Blog →Announcements →Streamlining Kubernetes development with Draft
・ZDNet →MS、コンテナベースのアプリ開発を効率化するオープンソースツール「Draft」リリース
・Publickey →マイクロソフト、アプリを自動的にDockerコンテナ化してKubernetesへデプロイしてくれる「Draft」をオープンソースで公開
・OSDN →Magazine →米Microsoft、Kubernetesで動くコンテナアプリ構築ツール「Draft」を発表
・TechCrunch Japan →MicrosoftのDraftはコンテナ化の面倒を引き受けるクラウドサービス、デベロッパーはアプリケーションのコードをローカルに書くだけ
・Wantedly Engineer Blog →Docker Compose を使った オープンソース PaaS: Paus のご紹介

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

Draft最新TOPICS

最新情報はありません。

Draft最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

【Withコロナを生き抜く】ITIL準拠社内ヘルプデスクの実践活用法 ~DX時代に適したクラウド2.0ツールの選定のコツと 情報システム部門の在り方について~

稼働中のシステム変更時の課題と対策~影響調査が大変、ちょっとしたミスが不具合につながる~

「一人情シス」を助けるAWSのはじめ方(移行・セキュリティ・運用編)

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter