Juju(ジュジュ)とは、アプリケーションモデリングによるデプロイツールです。パブリック(プライベート)クラウドおよびローカルコンテナに対して効率的な展開/構成/拡張/操作を行えます。

オープンソースの運用管理・運用自動化/Jujuとは

Juju(ジュジュ)とは、アプリケーションモデリングによるデプロイツールです。パブリック(プライベート)クラウドおよびローカルコンテナに対して効率的な展開/構成/拡張/操作を行えます。

「Juju」基本情報

■概要

Juju(ジュジュ)とは、アプリケーションモデリングによるデプロイツールです。パブリック(プライベート)クラウドおよびローカルコンテナに対して効率的な展開/構成/拡張/操作を行えます。

■基本説明

Jujuは、オープンソースのアプリケーションモデリングツールです。

「ベアメタルサーバ(ローカルコンテナベース)」「パブリッククラウドサービス」「プライベートクラウドサービス」などの環境に対して、アプリケーションサービス用インフラストラクチャの「展開」「構成」「スケーリング」「統合」「操作」を迅速に実施できます。

Jujuは、アプリケーションの構築/動作を自動化するために必要なすべての操作知識をカプセル化でき、対象環境に対する運用タスクを効率化し、運用オーバーヘッドを削減することに重点を置いています。

■動作環境

Jujuは、「パブリッククラウド」「プライベートクラウド」「ローカル環境」に対応します。

OSとして「さまざまなLinuxディストリビューション」「macOS」「Windows」で利用できます。

■経緯

Jujuは、Ubuntuを商用サポートしているCanonical社が開発し提供しています。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→「Juju」オフィシャルサイト

ライセンス情報

Jujuのライセンスは「GNU Affero General Public License v3.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →juju/juju →LICENCE

ダウンロード

→GitHub →juju/juju

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Chef」「Puppet」「Ansible」など。

Juju最新TOPICS

最新情報はありません。

Juju最新CLOSEUPコラム

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter