OneDriveとは、Microsoftのクラウドストレージサービスです。「Microsoft Officeとの親和性」「高度な写真管理機能」などが特徴です。

クラウドサービス/OneDriveとは

OneDriveとは、Microsoftのクラウドストレージサービスです。「Microsoft Officeとの親和性」「高度な写真管理機能」などが特徴です。

概要

OneDriveとは、Microsoftのクラウドストレージサービスです。「Microsoft Officeとの親和性」「高度な写真管理機能」などが特徴です。

基本情報

プラットフォーム クラウドサービス
クラウドサービス名 OneDrive
読み方 ワンドライブ
略称 ---

基本説明

OneDriveは、Microsoft Officeドキュメントファイル/写真ファイル/動画ファイルなど、さまざまなファイルをオンライン上に保存できます。バックアップ用途としても使用できます。

PC/タブレット/スマートフォンから参照と編集を行えます。

経緯

2014年2月、「SkyDrive」から「OneDrive」に改称されました。

TOPに戻る

主な特徴

「Microsoft Office」との連携

OneDriveは、Microsoft Officeとのサービス連携が特徴です。

Microsoft Officeから、直接、OneDrive上にあるファイルの編集を行えます。

「Office Online」でのOfficeファイル編集

OneDrive上のMicrosoft Officeファイル(Word、Excel、PowerPoint、OneNoteなど)について、「Office Online」で編集を行えます。ブラウザ上やモバイルアプリから使用できます。

「Office Online」は、製品版「Microsoft Office」に比べると機能は制限されていますが、基本的な編集作業を行えます。特に「Microsoft Office」がインストールされていない環境の場合には有用です。

共有(共同編集)

他のユーザーとドキュメントを共有し、使い慣れたOfficeアプリを使用して共同作業できます。

バージョン管理

「Microsoft Officeファイル」について、自動でバージョン管理が行われます。

写真分類機能

写真(画像)データをOneDriveにアップロードすると、「自動アルバム作成」「タグ付け」「場所分類」などが行われます。

写真データの整理/管理/検索などを効率的に行なえます。

クラウド&デバイス間同期機能

「OneDrive上のフォルダ」と「ローカルPCのフォルダ」の自動同期を行えます。

オフラインになっても、そのまま編集を行なうことができ、オンラインになった時点でOneDriveに反映されます。

モバイル対応

Android/iOS用に「OneDriveアプリ」が用意されています。

また、Word/Excel/PowerPointなどの各アプリも提供しています。

有料版「OneDrive for Business」

有料版の「OneDrive for Business」も提供されています。

企業向けに設計されており、「ストレージサイズ追加」「セキュリティ強化」「コラボレーション機能強化」など、各種機能強化されています。

TOPに戻る

同様サービス

同様なサービスとして、次のようなものがあります。

Googleドライブ」「Dropbox」など

TOPに戻る

導入事例

オフィシャルサイトで「OneDrive for Business」の導入事例が紹介されています。
→Microsoft →OneDrive for Business →お客様導入事例

TOPに戻る

参考元サイト

・Microsoft →OneDrive
・Microsoft →OneDrive →個人用
・Microsoft →OneDrive for Business
・@IT →iPhone/Android/Macと共有できる:まだ知らない人のためのOneDrive入門(2016年1月更新版)
・できるネット →OneDrive

TOPに戻る

※定期的にメンテナンスを実施しておりますが、一部情報が古い場合がございます。ご了承ください。

OneDrive最新TOPICS

最新情報はありません。

OneDrive最新CLOSEUPコラム

イベント情報

無料資料プレゼント

AI技術の方向性と企業の活用シナリオ

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter