OpenLDAP(オープンエルダップ)とは、ディレクトリサービスを提供するオープンソースLDAPサーバです。

オープンソースの認証サーバ/OpenLDAPとは

OpenLDAP(オープンエルダップ)とは、ディレクトリサービスを提供するオープンソースLDAPサーバです。

「OpenLDAP」基本情報

■概要

OpenLDAP(オープンエルダップ)とは、ディレクトリサービスを提供するオープンソースLDAPサーバです。

■基本説明

OpenLDAPは、LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)のオープンソース実装で、インターネットコミュニティによって開発されたディレクトリソフトウェアスイートです。

OpenLDAPは、サーバ間やシステム間で認証連携を行い、ユーザー情報データベースを統合管理してシングルサインオンを実現するための共通基盤となります。ディレクトリ情報の一元管理により、運用管理の作業負荷を大幅に削減し、セキュリティを強化できます。

「LDAP Ver.3準拠」「SASL認証対応」「複数LDAPサーバ間でのレプリケーション機能」「OpenSSLと組み合わせたTLS/SSL対応」など豊富な機能を持ちます。

■主要開発元

OpenLDAPは、オープンソースLDAP開発を促進するための憲章を持つ非営利法人「OpenLDAP Foundation」が中心となり開発されています。

→OpenLDAP →The OpenLDAP Foundation Overview

■経緯

OpenLDAP Projectは1998年にKurt Zeilenga氏が創始したもので、OpenLDAPソフトウェアはミシガン大学による以前の研究に基づいています。

→ミシガン大学 →Lightweight Directory Access Protocol

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→OpenLDAP(OpenLDAP, Main Page)

ライセンス情報

OpenLDAPのライセンスは「The OpenLDAP Public License」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→GitHub →openldap/openldap →LICENSE

動作環境

OpenLDAPは「UNIX系」「Linux」「Windows」「macOS」などで動作します。

ダウンロード

→OpenLDAP →Download

導入事例

いくつかのLinuxディストリビューションではOpenLDAPでLDAPをサポートしています。

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「389 Directory Server」「Apache Directory Server」「OpenDJ」など。

OpenLDAP最新TOPICS

最新情報はありません。

セミナー講演資料公開中

「セキュリティ強化」と「クラウドパワーの最大化」を同時に実現するには? ~ゼロトラストの時代に、セキュリティを確保するためにCASBについて考える~

オープンソースで実現するシングルサインオン・ID管理(ID連携)の概要 (AzureAD・Offce365連携から、クラウド移行、会員統合、多要素認証まで)

ADとAzureADをどう使い分けるのか?クラウドや社内システムのIDをどう統合管理するべきか?

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter