Swift(スウィフト)とは、「OS X」「iOS」用ネイティブアプリケーションを開発するためのプログラミング言語です。「モダン」「安全性」「高速性」「インタラクティブ」「最新のソフトウェア設計アプローチ」などの特徴を持つ汎用プログラミング言語として効率的な開発を実施できます。

オープンソースの言語/Swiftとは

Swift(スウィフト)とは、「OS X」「iOS」用ネイティブアプリケーションを開発するためのプログラミング言語です。「モダン」「安全性」「高速性」「インタラクティブ」「最新のソフトウェア設計アプローチ」などの特徴を持つ汎用プログラミング言語として効率的な開発を実施できます。

■関連する比較ページ

「Swift」基本情報

■概要

Swift(スウィフト)とは、「OS X」「iOS」用ネイティブアプリケーションを開発するためのプログラミング言語です。

■基本説明

Swiftは「モダン」「安全性」「高速性」「インタラクティブ」「最新のソフトウェア設計アプローチ」などの特徴を持つ汎用プログラミング言語です。

Appleが提供しており、「iOS(iPhone/iPad)」「Mac」「Apple TV」「Apple Watch」「Linux」向けネイティブアプリケーションを開発できます。

「簡単にプログラミングできること」を目標として設計されており、信頼性の高いコーディングを行えます。

■経緯

Swiftは、2010年に開発が始められ、Apple社内での4年間の開発期間を経て、「Worldwide Developers Conference 2014」で発表されました。

Swiftは、従来のコーディング難易度が高い開発言語「Objective-C」と比較して柔軟性が

高いため、Mac/iPhone用アプリの開発参入への敷居が大きく下がったとされています。

人気プログラミング言語ランキングで急上昇するなど、大変大きな注目を集めています。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Swift(Swift.org - Welcome to Swift.org)

ライセンス情報

Swiftのライセンスは「Apache License 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Swift →LICENSE

動作環境

「OS X」と「Linux」用バイナリが提供されています。

ダウンロード

→Swift →Download Swift

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Ruby」「PHP」など。

Swift最新CLOSEUPコラム

無料資料プレゼント

ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

講演資料を見るには、 プライバシーポリシーに同意して、送付先メールアドレスをご入力しご請求ください。

またご入力いただきました情報は、当該資料の作成・提供企業とも共有させていただき、当社及び各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。

本資料を見るには次の画面でアンケートに回答していただく必要があります。



セミナー講演資料公開中

常駐から始める、ベトナムオフショア開発(オフショア開発のリスクと対策)

OSSのプロジェクト管理「Redmine」ベースにガントチャートなど必要機能を包括提供する「Easy Redmine」とは ~無償版との違いと、ガントチャート、グラフなどによる可視化、ワークフローなど機能の紹介~

「人の移動が制限された新しい生活様式」時代におけるオフショア活用の利点 〜オフショア活用企業が感じた進化の実感とは〜

  • オープソース書籍(サイド)
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter