Swift(スウィフト)とは、「OS X」「iOS」用ネイティブアプリケーションを開発するためのプログラミング言語です。「モダン」「安全性」「高速性」「インタラクティブ」「最新のソフトウェア設計アプローチ」などの特徴を持つ汎用プログラミング言語として効率的な開発を実施できます。

オープンソースの言語/Swiftとは

Swift(スウィフト)とは、「OS X」「iOS」用ネイティブアプリケーションを開発するためのプログラミング言語です。「モダン」「安全性」「高速性」「インタラクティブ」「最新のソフトウェア設計アプローチ」などの特徴を持つ汎用プログラミング言語として効率的な開発を実施できます。

■関連する比較ページ

「Swift」基本情報

■概要

Swift(スウィフト)とは、「OS X」「iOS」用ネイティブアプリケーションを開発するためのプログラミング言語です。

■基本説明

Swiftは「モダン」「安全性」「高速性」「インタラクティブ」「最新のソフトウェア設計アプローチ」などの特徴を持つ汎用プログラミング言語です。

Appleが提供しており、「iOS(iPhone/iPad)」「Mac」「Apple TV」「Apple Watch」「Linux」向けネイティブアプリケーションを開発できます。

「簡単にプログラミングできること」を目標として設計されており、信頼性の高いコーディングを行えます。

■経緯

Swiftは、2010年に開発が始められ、Apple社内での4年間の開発期間を経て、「Worldwide Developers Conference 2014」で発表されました。

Swiftは、従来のコーディング難易度が高い開発言語「Objective-C」と比較して柔軟性が

高いため、Mac/iPhone用アプリの開発参入への敷居が大きく下がったとされています。

人気プログラミング言語ランキングで急上昇するなど、大変大きな注目を集めています。

■オフィシャルサイト情報

オフィシャルサイト

→Swift(Swift.org - Welcome to Swift.org)

ライセンス情報

Swiftのライセンスは「Apache License 2.0」です。

詳細について、こちらを参照ください。
→Swift →LICENSE

動作環境

「OS X」と「Linux」用バイナリが提供されています。

ダウンロード

→Swift →Download Swift

■同様製品

同様な機能を提供する製品として、次のようなものがあります。

オープンソース製品:「Ruby」「PHP」など。

Swift最新TOPICS

【OSS】Apple、プログラミング言語「Swift 4.0」リリース---「互換性モード」導入(古いコードを修正無しにコンパイルできる)(2017年09月25日 11:03)

米Appleは、9月19日、 プログラミング言語「Swift 4.0」を公開した。 【Swiftとは】 Appleが開発するプログラミング言語 https://www.ossnews.jp/oss_info/Swift 【ポイント】 ・「互換性モード」の導入(古いコードを修正無しにコンパイルできる) ・文字列オブジェクト「String」実装を強化 ・複数行文字列リテラルの導...

Swift最新CLOSEUPコラム

  • Zabbixカンファレンス2019
  • OSSNEWSに広告を掲載しませんか?

facebook

twitter